オースギ漢方胃腸薬の効能・用量・副作用など

オースギ漢方胃腸薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 安中散
形状 散剤
製造販売会社 大杉製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 安中散   

オースギ漢方胃腸薬の特徴

オースギ漢方胃腸薬は,安中散(あんちゅうさん)という漢方薬のエキスを飲みやすい顆粒剤にしたものです。本剤は,ほっそりとしたやせ型で腹部や内臓の筋肉が弛緩傾向にある,いわゆる弛緩性体質の人で,神経質でときどき胃やミゾオチのあたりが痛んだり,食物が胃に停滞して消化が悪いと感じたり,胸やけ,げっぷ,食欲不振,はきけなどがときどきある人の諸症状に効果があります。

オースギ漢方胃腸薬の効能効果

体力中等度以下で,腹部は力がなくて,胃痛又は腹痛があって,ときに胸やけや,げっぷ,胃もたれ,食欲不振,吐き気,嘔吐などを伴うものの次の諸症:神経性胃炎,慢性胃炎,胃腸虚弱

オースギ漢方胃腸薬の用法用量

次の量を食前または食間に,水またはお湯で服用してください。(食間とは食後2?3時間を指します)
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
4歳未満2歳以上:1/3包:3回
2歳未満:1/4包:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させてください。

オースギ漢方胃腸薬の成分分量

3包(3g)中
安中散エキス 1g (ケイヒ4g,エンゴサク・ボレイ各3g,ウイキョウ1.5g,シュクシャ・カンゾウ各1g,リョウキョウ0.5g)
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム

オースギ漢方胃腸薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください。
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

オースギ漢方胃腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
●本剤は天然の生薬を原料として製造していますので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがあります。効果には変わりありません。

オースギ漢方胃腸薬が気になる人向けのコラム

辛い胸やけやげっぷ【逆流性食道炎】の対策

脂っこい食べ物を控える

胃酸の過剰な分泌はげっぷを起こしやすくし、げっぷが出るときは下部食道括約筋が緩みますから胃液などが逆流しやすくなるのです。
胃液が逆流して胸焼けを起こす胃食道逆流症


肥満の解消、油ものやチョコレー... 続きを読む

酵素の力で痩せる!パイナップルダイエット

パイナップル
南国果実の代表甘酸っぱいパイナップルが大好きな人は多いと思います。
そんなパイナップルを食べるだけでダイエットを行うのがパイナップルダイエットです。
方法は簡単で、朝食をパイナップルのみに変えるだけです。
昼食やおや... 続きを読む

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続きを読む

5分の1個で保湿力アップ!「パイナップルセラミド」で乾燥の季節を乗り切ろう

気温とともに湿度も低下する秋は、肌も乾燥しがち。化粧品を秋冬仕様にするのと同時に、体の中からも乾燥対策を万全にしたいものです。 肌の保湿というと、コラーゲンやヒアルロン酸を思い浮かべがちですが、次にくる美容成分として注目されているのが「... 続きを読む

こわばった体をほぐす3つのストレッチ-力を抜いてストレス解消

新しい1年が始まったばかりですが、早くもストレスフルな日々を感じている方はいませんか?
ストレスの原因はいろいろあります。心理的な悩み、対人関係のもつれ、過重な仕事などなど。寒さが厳しいこの時期には寒さもストレスに。
そんなもろもろの... 続きを読む