小太郎漢方胃腸薬の効能・用量・副作用など

小太郎漢方胃腸薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 安中散
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 安中散   

小太郎漢方胃腸薬の特徴

多忙な現代は,ストレス社会ともいわれ,胃痛,腹痛,はきけなど胃の調子でお悩みの方が増えています。
小太郎漢方胃腸薬は,食欲不振,はきけなどを伴う神経性の胃炎,また慢性的に経過している胃炎に効果があります。
なお,冷たい物や刺激物を控えるなど食生活にも気をつけましょう。

小太郎漢方胃腸薬の効能効果

やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり,胃痛または腹痛があって,ときに胸やけ,げっぷ,食欲不振,はきけなどを伴う次の諸症:神経性胃炎,慢性胃炎,胃アトニー

小太郎漢方胃腸薬の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3錠:3回
15歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

小太郎漢方胃腸薬の成分分量

9錠中
水製エキス 0.85g (ケイヒ・ブクリョウ各2.5g,エンゴサク・ボレイ各2g,ウイキョウ1g,シュクシャ・カンゾウ各0.75g,リョウキョウ0.35g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,トウモロコシデンプン,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

小太郎漢方胃腸薬の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

小太郎漢方胃腸薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

小太郎漢方胃腸薬が気になる人向けのコラム

認知症の治療に効果的な方法とは-予防するための10の習慣

認知症といえば、本人の記憶力をはじめとする認知機能の変化に気をとられがちです。これに対して最近では、本人の心身の状態から生活の質(QOL)全体を見据えた対応、さらには本人だけでなく介護者をはじめとする家族のQOLまで含めた対応が重要視され... 続きを読む

現代女性に増えている子宮内膜症-つらい生理痛は内膜症かも?

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある子宮内膜のような組織がそれ以外の場所に発生し増殖する病気です。月経で厚くなった子宮内膜がはがれ落ちるとき、内膜組織の一部が卵管を逆流して腹膜や卵巣などに飛び散ることが原因と考えられています。月経に伴って... 続きを読む

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

胃がんのリスク5倍! ピロリ菌ってなに? 予防のためにできること

今年の9月初め、厚生労働省の大規模疫学調査により、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんとの因果関係が発表されました。厚生労働省では、1990年から15年にわたり、全国の40~69歳の男女約4万人を追跡調査。それによると、ピロリ菌の感染者は非感... 続きを読む