ウチダの茵ちん蒿湯の効能・用量・副作用など

ウチダの茵ちん蒿湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 茵ちん蒿湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの茵ちん蒿湯の特徴

ウチダの茵ちん蒿湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの茵ちん蒿湯の効能効果

胸ぐるしく,のどがかわき便秘し,尿量の減少するもの,また微熱,腹満,めまい,嘔気,皮膚そう痒感などを伴うもの:じんましん,口内炎,腎炎

ウチダの茵ちん蒿湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加えあまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの茵ちん蒿湯の成分分量

1袋中
インチンコウ 4g
サンシシ 3g
ダイオウ 1g
(添加物)
無し

ウチダの茵ちん蒿湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
腸間膜静脈硬化症:長期服用により,腹痛,下痢,便秘,腹部膨満等が繰り返しあらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウチダの茵ちん蒿湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの茵ちん蒿湯が気になる人向けのコラム

腹八分目で抑える、腹八ダイエット

腹八
食事を摂るときに、腹八分目にすると、健康にも、経済的にもいいというのは、昔から言われていることです。しかし、実際にどれだけの効果があるのか、はっきり知っている人はいるのでしょうか?実は結構大きな効果があるんです。
腹八分目にする... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む