ウチダの温清飲の効能・用量・副作用など

ウチダの温清飲の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 温清飲
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 温清飲   

ウチダの温清飲の特徴

ウチダの温清飲は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異なにおいがあります。

ウチダの温清飲の効能効果

皮膚が黄褐色で渋紙の如く枯燥し多くは病症が慢性的に経過したもので皮膚そう痒甚しく,のぼせて出血の傾向あり,貧血,腰痛,浮腫,腹痛,胃部のつかえ,神経興奮,肝障害などを伴うもの:皮膚そう痒症,湿疹,じんましん,神経症,高血圧

ウチダの温清飲の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ,300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの温清飲の成分分量

1袋中
トウキ 4g
ジオウ 4g
シャクヤク 3g
センキュウ 3g
オウゴン 3g
サンシシ 2g
オウレン 1.5g
オウバク 1.5g
(添加物)
無し

ウチダの温清飲の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等が見られ,これらが急にあらわれたり,持続したりする
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウチダの温清飲の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの温清飲が気になる人向けのコラム

うんちの色や形からわかる健康状態-赤い便や黒い便は要注意?

水洗トイレの普及で、私たちは排泄したうんちの様子を見ることができます。じっくり観察する勇気さえあれば、その状態から今の自分の体調をある程度推測できるのです。
私たちが摂取した食べ物は、口から肛門(こうもん)まで、成人だと10m近くにも... 続きを読む

血液をサラサラにするには?-ドロドロ血液は動脈硬化を招く

体内の血管をすべてつなぎ合わせると約9万km、地球2周半分の長さになるといわれます。そして、その血管の99%は直径7マイクロメートルほどの毛細血管です。
これらの細い血管をスムーズに血液が通り抜けるためには、血球が柔軟に形を変え、かつ... 続きを読む

死亡リスクの高い糖尿病・肥満・痛風-検診データを活用して予防

糖尿病は、血液中のブドウ糖を低下させるホルモン、インスリンの不足によって、血液中のブドウ糖濃度=「血糖値」が高くなった状態です。血液中のブドウ糖は、食事をすると一時的に増えるものの2~3時間ほどでまた元に戻ります。血液検査では、(1)随時... 続きを読む

片頭痛のしくみ-引き金が分かれば予防できる? 危険な頭痛の症状

「ああ、また来た」と思えるくらい、慢性的に片頭痛に悩まされている人は、とくに20~40代の女性に多いそうです。頭痛が起これば、薬を飲んでしばらくは安静にしていなければなりません。
片頭痛の典型的な症状は、1.頭の片側がズキンズキンと強... 続きを読む

肌の透明感を引き出すスキンケアとは|黄色い肌は糖化の証?

今年の夏はかつてないほどの猛暑で、体力自慢の私もさすがにバテました。ところが、秋はいつ来たの?
と尋ねたくなるくらい、夏から一気に冬の気配。皆さんの肌もちょっとびっくりしているのではないかしら。
いきなり気温が下がり、空気が乾燥すると... 続きを読む