温胆湯の効能・用量・副作用など

温胆湯の特徴

本剤は,中国唐時代の古典「千金方」に収載されている温胆湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 温胆湯
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 東洋漢方製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 イスクラ温胆湯エキス顆粒   温胆湯エキス細粒G「コタロー」  



温胆湯の効能・効果

胃腸衰弱者の不眠・神経症

温胆湯の用法・用量

1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ,紙袋とともに煎じかすを取り去り,3〜2回に分けて食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3〜2回に分けて
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
用法・用量を厳守すること。

温胆湯の成分・分量

1包(24g)中
ハンゲ 6g
ブクリョウ 6g
キジツ 1g
カンゾウ 1g
ショウキョウ 1g
オウレン 1g
チンピ 3g
チクジョ 2g
サンソウニン 3g
(添加物)
なし

「温胆湯」を含むQ&A

もっと見る

温胆湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人:むくみ
(7)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(胃腸衰弱者の不眠に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

温胆湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので,冷暗所又は冷蔵庫等に保管し,服用時に再加熱して服用すること。