ウチダの黄ごん湯の効能・用量・副作用など

ウチダの黄ごん湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 黄ごん湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ウチダの黄ごん湯の特徴

ウチダの黄ごん湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎剤で,特異なにおいがあります。

ウチダの黄ごん湯の効能効果

下痢してみぞおちがつかえ腹痛し,直腹筋の攣急があるもので,発熱,頭痛,嘔吐,乾嘔,渇などを伴うもの:急性腸炎,大腸炎,消化不良症,感冒
*「攣急(れんきゅう)」とは筋肉がひきつりけいれんけいれんして屈伸が困難な症状を指します.
*「乾嘔(かんおう)」とは物のでない嘔吐を指します.

ウチダの黄ごん湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの黄ごん湯の成分分量

1袋中
オウゴン 4g
タイソウ 4g
カンゾウ 3g
シャクヤク 3g
(添加物)
無し

ウチダの黄ごん湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)次の症状のある人。
むくみ
(5)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)5?6日間服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談すること

ウチダの黄ごん湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの黄ごん湯に効果効能が似た薬

ウチダの黄ごん湯が気になる人向けのコラム

インド伝承のアーユルヴェーダとは? 自分でできるマッサージ法

悠久の歴史を持つインド。アーユルヴェーダはそこで生まれた伝承医学です。最近ではエステのメニューなどでもしばしば耳にする言葉なので、関心を持っている人も多いことでしょう。アーユルヴェーダが誕生したのは約3千年前といわれています。語源はサンス... 続きを読む

ウエストのくびれは腹筋では作れない? 憧れのくびれの作り方とは

ウエストシェイプは肋骨と骨盤上部の距離を意識することから。腹筋を一生懸命やってもウエストのくびれはできない。くびれ作りに必要なのは伸ばすことと意識すること。 くびれが女性だけにあって、男性にないのはなぜ? 女性らしさのカギともいえるウ... 続きを読む

物が見えずらいのは緑内障かも? 早期発見に役立つ自己チェック法

最近、物が見えづらい、目がかすむ、文字の一部が欠けて見える、などといったことはありませんか?
もしあるとすれば、大変!
それは目の病気「緑内障」の、しかも症状が進んでしまっている状態かもしれません。
「リョクナイショウ」などと言われて... 続きを読む

認知症の人への接し方-やってはいけない4つのこと|対応例

認知症の人は、さまざまな苦悩やストレスを抱えながら暮らしており、決して何もわからなくなっているわけではありません。認知症になっても、適切な対応やケアを行うことで安心して穏やかに生活できることがわかってきました。
前回の「認知症高齢者の症... 続きを読む

芸術療法とは-本来の自分を取り戻し、自分の価値基準を発見する

猛暑だった今年の夏も過ぎ去り、秋の虫の声を聞く季節となりました。小学校からは、運動会の練習をする子供の声が響いてきます。ビジネスマンの方は、下期が始まり、新たなゴールに向かって動き出す時期となりました。慌しいオンタイムの一方、日没も早くなり... 続きを読む