JPSかっ香正気散液の効能・用量・副作用など

JPSかっ香正気散液の基本情報

JPSかっ香正気散液

JPSかっ香正気散液

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 かっ香正気散
形状 液剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

JPSかっ香正気散液の効能効果

体力中等度以下のものの次の諸症:
感冒、暑さによる食欲不振、急性胃腸炎、下痢、全身倦怠

JPSかっ香正気散液の用法用量

成人(15才以上)1回1本1日3回食前又は食間に服用してください。
(15才未満は服用しないでください)
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)食間とは食後2?3時間を指します。
(3)本剤は本質的に沈殿を含んでいますので、服用前によく振ってから服用してください。

JPSかっ香正気散液の成分分量

3本(90mL)中
かっ香正気散料エキス 12.5g (ビャクジュツ・ハンゲ・ブクリョウ各3g、コウボク・チンピ・タイソウ各2g、キキョウ1.5g、カッコウ・ダイフクヒ・ビャクシ・カンゾウ・ショウキョウ・ソヨウ各1g)
(添加物)
白糖,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,エタノール,パラベン,安息香酸ナトリウム,香料

JPSかっ香正気散液の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(急性胃腸炎、下痢に服用する場合には5?6回、感冒に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPSかっ香正気散液の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)封をあけたら飲みきってください。封をあけたまま保存しないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPSかっ香正気散液が気になる人向けのコラム

効率よく脂肪を燃やす! 15分コアトレーニングのウォームアップ

心の緊張を解くためには、筋肉の緊張をほぐして体をリラックスさせてあげることが重要です。また、心身とも深いつながりがあるのが呼吸です。酸素をたくさんとり入れるエアロビクスは、気分を高揚させたり、心をおちつかせゆったりとした気分にさせる効果が... 続きを読む

入眠体操を始めよう-日課にすれば緊張がほどけてぐっすり眠れる

この夏も暑さで寝苦しい日が続きましたね。寝不足から朝すっきり起きられないという方も少なくないでしょう。朝すっきり起きるためには、やはり質の良い十分な睡眠が大事。たまった夏の疲れをとるためにも、涼しくなるこれからの季節、質のよい睡眠を確保し... 続きを読む

肩こりとストレスを一気に解消できる! 2つのヨガストレッチ

この春、進学や就職、異動などで新しい生活が始まり、慣れない環境の中で頑張っている人も多いことでしょう。環境の変化は体にも心にもストレスとなります。気がついたら肩や腰はコチコチ、精神的な緊張で夕方にはぐったりという人もいるのでは?
そこ... 続きを読む

一日の足の疲れをとってリラックス-おやすみ前の足のストレッチ

足は体の中で一番の働き者。夕方になると足が疲れてだるくなったり、むくんだりすることはありませんか?
とくに立ち仕事や座りっぱなしのデスクワークが続くと足の血行が滞り、むくみやだるさがひどくなりがちです。足が疲れると全身の血行が悪くなって、... 続きを読む

疲労をためない体をつくる part2-つかれない座り方とは

朝、起きたときに、なんとなくだるいのは、脳の覚醒レベルが低い状態になっているからです。リズム運動でこうした状態をスッキリさせましょう。
自分で一定のリズムをつくりながら、腹式呼吸やウォーキングなど特定パターンの運動をくりかえすことがポ... 続きを読む