東洋漢方の葛根湯の効能・用量・副作用など

東洋漢方の葛根湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 葛根湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 葛根湯   

東洋漢方の葛根湯の特徴

本剤は、漢方の古典「傷寒論」「金匱要略」に収載されている葛根湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

東洋漢方の葛根湯の効能効果

感冒、鼻かぜ、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

東洋漢方の葛根湯の用法用量

1包(1日量)につき水400mLの水をもって煮て200mLに煮つめ、滓をこして取り去り、食前に温服して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3回に分けて
15才未満7才以上:2/3量:3回に分けて
7才未満4才以上:1/2量:3回に分けて
4才未満2才以上:1/3量:3回に分けて
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

東洋漢方の葛根湯の成分分量

1包(17g)中
カッコン 4g
マオウ 3g
ショウキョウ 1g
タイソウ 3g
ケイヒ 2g
シャクヤク 2g
カンゾウ 2g
(添加物)
なし

東洋漢方の葛根湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人:むくみ、排尿困難
(9)次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心、食欲不振、胃部不快感等
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1カ月位(感冒,鼻かぜ,頭痛に服用する場合には、5?6回)服用しても症状の改善がみられない場合には、服用を中止し,医師又は薬剤師に相談すること。
3.長期連用する場合は,医師又は薬剤師に相談すること

東洋漢方の葛根湯の保管上の注意

(1)小児の手のとどかない所に保管すること。
(2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので、冷暗所又は冷蔵庫等に保管し、服用時に再加熱して服用すること。

東洋漢方の葛根湯に効果効能が似た薬

東洋漢方の葛根湯が気になる人向けのコラム

秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋... 続きを読む

【医師が回答!】皮がめくれるほどの手荒れ。どうすればいい?

私は二年前から手荒れに悩んでいます。皮膚科では、「スポンジに洗剤を付けて水を足して洗うと荒れちゃうからね」と言われました。飲食店で手が荒れていると不衛生ですよね・・・。パックりと皮がめくれています。 (質問者
aiai_5858さん) ... 続きを読む

家事に負けないハンドケア【冬の手荒れ対策】

原因を知って
手荒れをブロック! 白い肌に、つやつや輝く爪。そんな「白魚のような手」の持ち主は、いつも手袋をして、なるべく手を使わないというイメージがありませんか?
実は家事を普通にこなしながらでも、きれいな手を保つことはできるんです... 続きを読む

頭痛の原因はスマホ猫背からくる肩こりが原因? 肩こりの解消方法

慢性的な頭痛の原因のひとつに、肩こりがあります。頭痛に悩まされている人は、まず肩こりから解消していくと、頭痛の緩和に。その方法をご紹介します。 血行不良や老廃物の蓄積で頭痛に 不定愁訴のひとつでもる「頭痛」。主に慢性頭痛には、片頭痛、群... 続きを読む

30代でもなる五十肩-2つのセルフチェックポイントと予防法

「ある日突然、肩が上がらなくなった」「肩の痛みで眠れない」「じっとしていても肩が痛む」といった症状が出たら、それは五十肩かもしれません。五十肩といっても実際は40代から50代にかけての発症が多く、最近では30代でもみられるなど若年化する傾... 続きを読む