クールワンのどトローチの効能・用量・副作用など

クールワンのどトローチの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 駆風解毒散(湯)
形状 錠剤
製造販売会社 佐藤製薬
販売会社 杏林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

クールワンのどトローチの特徴

●駆風解毒湯,中国の明の時代の医学書「万病回春」に収載されている漢方処方で,のどがはれて痛む症状に用いられてきました。
●駆風解毒湯の「うがいをしながらゆっくり飲む」という本来の用法を,トローチ剤にすることによって,より服用しやすくしました。
●薬効成分が長時間のどに接触することで,のどの痛み,はれに効果をあらわします。

クールワンのどトローチの効能効果

咽頭がはれて痛む次の諸症:のどのあれ・痛み・はれ・不快感,声がれ

クールワンのどトローチの用法用量

次の1回服用量を食間又は空腹時に,口中でかまずにゆっくり溶かして服用します。
[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):1錠ずつ2錠まで:3回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)錠剤の取り出し方
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

クールワンのどトローチの成分分量

6個中
駆風解毒湯乾燥エキス 1.175g (ボウフウ・ゴボウシ・キキョウ各1.5g,レンギョウ・セッコウ2.5g,ケイガイ・キョウカツ・カンゾウ各0.75g)
(添加物)
白糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,サッカリンナトリウム,香料,l-メントール,プロピレングリコール

クールワンのどトローチの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)本人又は家族がアレルギー体質の人
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)長期連用する場合
2.次の場合は直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合

クールワンのどトローチの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

クールワンのどトローチが気になる人向けのコラム

美声の秘訣は免疫力にあるらしい|キレイな声は説得力がある?

ボイストレーナーとして、ビジネスマンや企業研修の場で、発声や話し方の指導を行う秋竹朋子さん。一児の母でもあり、子ども向けのリトミック教室も開くなど、エネルギッシュに活躍する秋竹さんのパワーの源は? 毎朝の深呼吸が免疫力アップのヒケツ ... 続きを読む

スイッチOTC薬とは?効き目はいいが副作用も、安全に飲む方法

「スイッチOTC薬」という言葉を耳にしたことがありますか? OTC薬のOTCとは、「Over The Counter」の略で、薬局の“カウンター越し”に売られる一般用医薬品(市販薬)を意味します。別の説明では、薬剤師がいない、カウンターの... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む

可愛いペットは心を癒してくれる-アニマルセラピーの効果とは

可愛い犬の写真を見ただけで、「なんだか、いやされる」と感じたことはないですか?
動物との触れ合いは、人間にとって、心身両面で大きないやし効果を持っています。それを医療に応用しているのがアニマルセラピー。
アニマルセラピーは、老人介護施... 続きを読む

冷え症・風邪を改善するツボマッサージ-イラストで解説付き

寒くて乾燥する冬は、冷え性の人にとってはつらい季節ですね。風邪やインフルエンザも流行してきています。今回は、冷え性と風邪に効くツボマッサージを紹介しましょう。
東洋医学では人間を一つの小宇宙として捉え、体の不調や病気を宇宙(環境・自然... 続きを読む