駆風解毒湯エキス「顆粒」の効能・用量・副作用など

駆風解毒湯エキス「顆粒」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 駆風解毒散(湯)
形状 散剤
製造販売会社 廣昌堂
販売会社 ノーエチ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

駆風解毒湯エキス「顆粒」の特徴

本剤は漢方薬「駆風解毒湯」のエキスを顆粒状とした、のみやすいお薬です。「駆風解毒湯」は中国の医学書「万病回春」に収載されている漢方薬で扁桃炎・扁桃周囲炎に効果があります。

駆風解毒湯エキス「顆粒」の効能効果

体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛むものの次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎

駆風解毒湯エキス「顆粒」の用法用量

次の1回量を1日3回服用して下さい。なお、本剤は熱ければ冷まして、うがいをしながら少しずつゆっくり飲んで下さい。
[年令区分:1回量]
15才以上:1包
7?14才:2/3包
4?6才:1/2包
(用法関連注意)
●お子さまに服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
●用法及び用量をお守り下さい。
●4才未満のお子さまには服用させないで下さい。

駆風解毒湯エキス「顆粒」の成分分量

3包(12g)中
駆風解毒湯エキス 2000mg (ボウフウ・ゴボウシ・キキョウ各2.553g,レンギョウ・セッコウ各4.255g,ケイガイ・キョウカツ・カンゾウ各1.277g)
(添加物)
乳糖水和物、セルロース、D-マンニトール

駆風解毒湯エキス「顆粒」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は、服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状がある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感
まれに、次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.5?6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

駆風解毒湯エキス「顆粒」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)お子さまの手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります)
(4)使用期限の過ぎた製品は服用しないで下さい。
(5)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用して下さい。

駆風解毒湯エキス「顆粒」が気になる人向けのコラム

可愛いペットは心を癒してくれる-アニマルセラピーの効果とは

可愛い犬の写真を見ただけで、「なんだか、いやされる」と感じたことはないですか?
動物との触れ合いは、人間にとって、心身両面で大きないやし効果を持っています。それを医療に応用しているのがアニマルセラピー。
アニマルセラピーは、老人介護施... 続きを読む

冷え症・風邪を改善するツボマッサージ-イラストで解説付き

寒くて乾燥する冬は、冷え性の人にとってはつらい季節ですね。風邪やインフルエンザも流行してきています。今回は、冷え性と風邪に効くツボマッサージを紹介しましょう。
東洋医学では人間を一つの小宇宙として捉え、体の不調や病気を宇宙(環境・自然... 続きを読む

性差医学とは? 健康や病気と「性」の関係について|3つのがん対策

「働く女性の応援団」は今回が最終回となります。このシリーズでは、働く女性の妊娠出産、職場復帰、育児介護休業法、男女共同参画、米国の女性医療、年代ごとの健康管理など、いろいろな話題を取り上げてきました。
「女性の健康」は心臓、脳、免疫、コ... 続きを読む

進化する人工臓器技術-世界に誇る日本の人口臓器の現状とは

医学と工学の共同研究分野を「医工学」または「医療工学」といいます。医工学では、人工臓器の研究開発が活発に進められています。もの造りが得意な日本では、古くから全身のありとあらゆる人工臓器が研究開発されてきました。その中心となる日本人工臓器学... 続きを読む

男性の更年期障害の症状とは-治療法と生活習慣から改善するコツ


更年期障害といえば、以前は女性だけが抱える問題だと考えられていました。ところが最近、男性にも更年期障害があることがわかり、注目されています。
症状で多いのは、疲れやすい、何事にもやる気が起きない、気分が沈みがち、性欲が低下した、勃起... 続きを読む