荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の効能・用量・副作用など

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の基本情報

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 荊芥連翹湯
形状 錠剤
製造販売会社 小太郎漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 荊芥連翹湯   

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の特徴

本剤は,のどや鼻の病気で悩んでおられる方に用いる処方です。
荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」は,のどが弱く,扁桃をよく腫らす方,鼻がつまるなど鼻がすっきりしない方に効果があります。また,にきびにも用いられます。
なお,水分や脂肪分の摂取を控えるなど,食生活や生活習慣の改善を心がけることも大切です。

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の効能効果

慢性扁桃炎,慢性鼻炎,蓄膿症,にきび

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の用法用量

食前または食間に服用してください。
食間とは……食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):4錠:3回
15歳未満7歳以上:3錠:3回
7歳未満5歳以上:2錠:3回
5歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の成分分量

12錠中
水製エキス 2.5g (ケイガイ・レンギョウ・ボウフウ・トウキ・センキュウ・シャクヤク・サイコ・キジツ・オウゴン・サンシシ・ビャクシ・キキョウ・ジオウ・オウレン・オウバク・ハッカ各0.75g,カンゾウ0.5g)
(添加物)
酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,タルク,乳糖水和物,ヒドロキシプロピルメチルセルロース2910,粉末飴,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,カラメル,カルナウバロウ,サラシミツロウ

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師または薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)ぬれた手や湿気を帯びた手で取り扱わないでください。水分は錠剤の色や形が変わる原因になります。
(5)ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気等の影響で錠剤の品質が変わることがありますので,服用のつどフタをよくしめてください。
(6)ビンの中の詰めものは,フタをあけた後はすててください。
(詰めものは,輸送中に錠剤が破損することを防ぐためのものですので,再使用されると異物の混入や湿気により品質が変わる原因になることがあります)
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(8)箱とビンの「開封年月日」記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください。

荊芥連翹湯エキス錠「コタロー」が気になる人向けのコラム

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む

皮下脂肪、内臓脂肪に続く「第3の脂肪」が怖い4つの理由

東アジアと南アジアの約112万人を対象とするコホート研究のデータ解析を基に、BMIと心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)による死亡リスクの関連が検討されました。その結果、東アジア人(日本、韓国、中国、台湾、シンガポール)では、BMI*が25以上... 続きを読む

深呼吸のリラックス効果と健康効果-生活習慣病の予防にも

仕事や家事で疲れたとき、大きく息を吸ってゆっくり吐くと、体全体のこりがほぐれてゆったりした気分になります。こうしたリラックス効果は、深呼吸のもつ大きなメリットの一つです。
深呼吸をするとリラックスできるのは、自律神経のうち交感神経の働... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

子どもの排便、気にしてる? 便秘の原因と予防の6つのポイント

健康を守るうえで適切な食習慣が大切であることは当然として、同時に適切な排便習慣も非常に重要です。ところが、最近明らかにされたある調査では、小学生の10人に4人が、排便するのは1日1回未満であることがわかりました。子どものうちから悪い排便習... 続きを読む