東洋漢方の桂枝加朮附湯の効能・用量・副作用など

東洋漢方の桂枝加朮附湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 桂枝加朮附湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

東洋漢方の桂枝加朮附湯の特徴

本剤は,吉益東洞先生が創方された桂枝加朮附湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

東洋漢方の桂枝加朮附湯の効能効果

関節痛,神経痛

東洋漢方の桂枝加朮附湯の用法用量

大人(15才以上)は1包(1日量)を和紙袋入りのまま,水400mLを加え,半量位まで煎じつめ,紙袋とともに煎じかすを取り去り,食間に服用して下さい。小児(15才未満)は同様に煎じ,次の量を食間に服用して下さい。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3回に分けて
15才未満7才以上:2/3量:3回に分けて
7才未満4才以上:1/2量:3回に分けて
4才未満2才以上:1/3量:3回に分けて
2才未満:1/4以下の量:3回に分けて
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1才未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させること。
(3)用法・用量を厳守すること。

東洋漢方の桂枝加朮附湯の成分分量

1包(20g)中
ケイヒ 4g
シャクヤク 4g
タイソウ 4g
ショウキョウ 1g
カンゾウ 2g
ソウジュツ 4g
ブシ末 1g
(添加物)
なし

東洋漢方の桂枝加朮附湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人。
(4)高齢者。
(5)今まで薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。:むくみ
(7)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
その他:動悸,のぼせ,ほてり,口唇・舌のしびれ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

東洋漢方の桂枝加朮附湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので,冷暗所又は冷蔵庫等に保管し,服用時に再加熱して服用すること。

東洋漢方の桂枝加朮附湯に効果効能が似た薬

東洋漢方の桂枝加朮附湯が気になる人向けのコラム

頭痛に悩む方必見!神経痛と名の付く頭痛って

治らない頭痛、それは後頭神経痛かも
後頭部や耳の後ろに髪の毛が引っ張られるような突発的な痛みがある、ケロッと治ってしまうこともあれば、激しい痛みが断続的に続いて治らないこともあるという症状に苦しんでいませんか。いつ襲ってくるかわからない... 続きを読む

秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋... 続きを読む

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む

老化物質が体に溜まると老ける-大豆サポニンBが老化物質を除去?

ある程度年齢を重ねた女性なら、老化を防ぎ若返りを促すアンチエイジングに関心を持っていることでしょう。
老化とは、年齢とともに体に備わったさまざまな機能が低下することといえます。この機能低下の原因の一つと考えられているのが、体内にたまっ... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む