ウチダの五苓散の効能・用量・副作用など

ウチダの五苓散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 五苓散
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 五苓散   

ウチダの五苓散の特徴

ウチダの五苓散は漢方処方にしたがって,生薬と生薬末を配合して製した散剤で,特異な芳香があります。

ウチダの五苓散の効能効果

胃部に水分停滞感があり,口渇し,尿量減少するもの,また頭痛,発熱,めまい,悪心,嘔吐,下痢,浮腫などを伴うもの。急性胃腸炎,胃拡張,糖尿病,癲癇,船暈病,急性慢性腎炎,ネフローゼ,急性膀胱炎,小児の下痢,吐乳,暑気当り,二日酔。
*「癲癇(てんかん)」とは発作的にけいれん・意識喪失などの症状を現す疾患を指します.
*「船暈病(せんうんびょう)」とは船酔病を指します.

ウチダの五苓散の用法用量

次の1回量を1日3回食前1時間または食間空腹時に水または温湯で服用する。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):1.0?2.0g
15才未満5才迄:0.5?1.0g
5才未満:0.3?0.6g
(用法関連注意)
(1)添付のサジはすり切りで,大サジ1杯が約1g,小サジ1杯が約0.1gです。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの五苓散の成分分量

1000g中
タクシャ末 310g
チョレイ 190g
ブクリョウ末 190g
ソウジュツ末 190g
ケイヒ末 120g
(添加物)
無し

ウチダの五苓散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位(急性胃腸炎,二日酔に服用する場合には5?6回,水様性下痢,暑気あたりに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウチダの五苓散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの五苓散に効果効能が似た薬

ウチダの五苓散が気になる人向けのコラム

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

女性に多い膀胱炎-再発しやすいのは何故? 注意したい9つの習慣

膀胱(ぼうこう)炎は女性にたいへん多い病気で、特に10代後半から20~30代の女性によくみられます。再発をくり返す人も多く、「自分は膀胱炎になりやすい体質では」と悩んでいる方もいるかもしれません。
膀胱炎にはいくつかのタイプがありますが... 続きを読む

チック症と発達障害の関係とは? てんかんとの違い|症状や原因

咳払いや肩をすくめることが繰り返し起こるチック症。チック症と似た症状がてんかんにもありますが、この2つの原因は異なります。症状や違いをまとめました。 チック症が慢性化しているとトゥーレット症候群と診断 4~11歳頃に発症することが多い... 続きを読む

水分は1日にどれくらい摂るの? 間違った水分補給は体調不良に

たくさん汗をかいたあとに水を飲むと、生き返ったような気がしませんか?
人は水がないと3日と生きていられない、と言われるくらい大切な水。最近は、ダイエットやデトックスなどを目的に「とにかく水をたくさん飲むのがよい」という話をよく耳にしますが... 続きを読む

スポーツ時の熱中症に注意! こまめに水分をとって熱中症対策

以前は、運動している最中に水分をとると疲れるなどと言われましたが、今では、むしろスポーツ中も積極的に水分をとることをすすめられるようになっています。
特にこれからの暑い季節、スポーツ中の脱水症状から熱中症を起こして倒れるケースが多くみ... 続きを読む