東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の効能・用量・副作用など

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の基本情報

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 五苓散
形状 散剤
製造販売会社 東洋漢方製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 五苓散   

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の特徴

本剤は,漢方の古典「傷寒論」「金匱要略」に収載されている五苓散に準拠して製造されたエキス顆粒剤です。

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の効能効果

のどが渇いて,尿量が少なく,吐き気,嘔吐,腹痛,頭痛,むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水瀉性下痢,急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと),暑気あたり,頭痛,むくみ

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の用法用量

次の量を食間又は空腹時に水又は温湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
15才未満7才以上:2/3包:3回
7才未満4才以上:1/2包:3回
4才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の成分分量

3包(4.5g)中
水製乾燥エキス 1.05g (タクシャ2g,チョレイ・ブクリョウ・ビャクジュツ各1.5g,ケイヒ1g)
タクシャ末 0.6g
チョレイ末 0.45g
ブクリョウ末 0.45g
ビャクジュツ末 0.45g
ケイヒ末 0.3g
(添加物)
部分アルファー化デンプン

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1カ月位(急性胃腸炎に服用する場合には5?6回,水瀉性下痢,暑気あたりに服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に使用すること。
(5)本剤は生薬を原料としたエキスを用いた製品ですから,製品により色調や味が多少異なることがありますが,効果には変わりありません。

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)に効果効能が似た薬

東洋の五苓散料エキス顆粒(分包)が気になる人向けのコラム

下痢を伴う腹痛の原因と対処法 下痢止めは飲んでもいい?

急にお腹が痛くなって、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む。そんな経験は誰もがしたことがあるはず。そんな下痢のときの対処法をご紹介します。 急性下痢の原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが原因 ふだん食事で摂った食べ物の消化吸収は小腸で行われ、水... 続きを読む

ストレスによる腹痛や下痢は過敏性腸症候群かも? 対処法と改善法

重要なミーティングの前など、ストレスを感じると、いつもお腹が痛くなり、冷や汗をかきながらトイレに駆け込む……。「お腹が弱い体質だから」と思いがちですが、それは「過敏性腸症候群」という病気かもしれません。 ストレスにより下痢や便秘になる ... 続きを読む

毎日のむくみ解消が美脚への近道-寝る前のストレッチでデトックス

毎日リセットして老廃物をためないことが、美脚への近道 「いくら筋肉を鍛えても、老廃物がたまったままでは効果が出ません」と、ベリーダンサーで美脚のプロ、内藤未映さん。 ほどよく筋肉がついた内藤さんのカモシカ脚も、むくみケアをせずにそのま... 続きを読む

炭水化物なのにヤセられる!「さつまいもダイエット」 むくみ解消にも効く

寒くなると、あったかくて、甘いものが欲しくなりますよね。でも太るからと我慢していませんか。そんな我慢は、この冬は不要!
冬のおやつの定番“さつまいも”でダイエットができちゃうんです。 食物繊維だけじゃない。ヤセるパワーがギュッ! 美... 続きを読む

妊娠初期の腹痛は危険? 腹痛の種類と気をつけたい3つの事

まだ体調が安定しない妊娠初期。腹痛があると不安になりますが、すべての腹痛が危険とは限りません。腹痛の種類と見分け方を知っておきましょう。 子宮が成長することで起こる腹痛は心配なし 妊娠すると赤ちゃんを育むため、子宮がどんどん大きくなって... 続きを読む