強胸汗散の効能・用量・副作用など

強胸汗散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

強胸汗散の効能効果

胃酸過多症、急性慢性胃カタル、感冒、気管支炎

強胸汗散の用法用量

次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ2杯):1包:3回
10歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
5歳以上10歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
5歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

強胸汗散の成分分量

4.5g又は3包中
エキス 2.249mL(固形物0.173g) (カンゾウ0.415g・ケイヒ0.692g・シャクヤク0.692g)
エキス 8.414mL(固形物0.120g) (ショウキョウ0.601g・タイソウ0.601g・ハンゲ1.202g)
オウゴン末 0.601g
カンゾウ末 0.361g
ケイヒ末 0.601g
シャクヤク末 0.601g
ニンジン末 0.601g
サイコ末 1.442g
(添加物)
なし

強胸汗散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
その他:頻尿、排尿痛、血尿、残尿感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位(急性胃カタルに服用する場合には5?6回、感冒に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

強胸汗散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

強胸汗散に効果効能が似た薬

強胸汗散が気になる人向けのコラム

便秘・胃もたれ・美肌に効く「夜キウイ」のすすめ|自律神経にも効果あり

焼き肉の後で胃がもたれたり、便秘がちで肌荒れに悩んでいたり…。そんな人は「夜キウイ」をはじめてみませんか?
ビタミンCが豊富な果物として知られるキウイは、夜食べると、女性にとってうれしいさまざまな効果があるようです。 ビタミンCで美肌... 続きを読む

安倍首相もなった機能性胃腸症とは-症状や治療法、生活習慣など

安倍元首相の突然の辞任表明に引き続き、「機能性胃腸症で緊急入院」のニュースが流れたのは先月のこと。このときはじめて「機能性胃腸症」という病名を知った人、多かったのではないでしょうか?
機能性胃腸症は一言でいうと「検査をしても異常がないの... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む