JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの効能・用量・副作用など

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 三黄瀉心湯
形状 錠剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 三黄瀉心湯   

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの特徴

三黄瀉心湯は比較的体力があり、赤ら顔でのぼせやすく、精神不安、便秘傾向がある方の高血圧に伴うのぼせ・耳なり・頭重・不眠や鼻血、更年期障害などを改善します。炎症を鎮めて充血を除き、精神を安定させる働きがあります。
本剤は漢方処方である三黄瀉心湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい錠剤としました。

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの効能効果

体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの次の諸症:
高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症
(効能関連注意)
※血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことである。

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
年齢         1回量    1日服用回数
大人(15歳以上)  3錠     2回
15歳未満      服用しないこと
■食間とは…
食後2〜3時間を指します。

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの成分分量

6錠中
三黄瀉心湯乾燥エキス 0.7g
(ダイオウ・オウレン・オウゴン各1g)
(添加物)
無水ケイ酸,ケイ酸アルミニウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
  他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
 (5)だらだら出血が長びいている人。
 (6)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位   症状
皮ふ     発疹・発赤、かゆみ
消化器    悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診察を受けてください。
[症状の名称:症状]
 間質性肺炎:せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
 肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
  (2)1ヵ月位(鼻血に服用する場合には5〜6回、痔出血、便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください
  軟便、下痢

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPS三黄瀉心湯エキス錠Nが気になる人向けのコラム

鼻血の止め方-よく鼻血が出る原因|まれに重大な病気の可能性も

誰でも一度は鼻血を経験したことがあるでしょう。しかし、頻繁に出血したりなかなか血が止まらない場合は心配なものです。何か病気が原因で鼻血が出ることもあるので、どういうときにどれくらいの量が出るのか、出血が止まりにくいかどうかなどについて、チ... 続きを読む

精神的な落ち着きや血圧低下も?チョコレートの意外な効能

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、美白効果や動脈硬化の予防など、体に良いはたらきがあることが知られています。その効果を検証する大規模な実証研究が行われ、チョコレートの健康効果が明らかになりました。 血圧低下や善玉コレステ... 続きを読む

若い女性に多い「しゅさ様皮膚炎」 なりやすいタイプ・予防対策

あなたは、化粧品やヘアケア用品でかぶれやすいほうですか?
そんなとき、ステロイドの入った市販のかぶれ止め薬を使うこともあるでしょう。はじめは炎症が抑えられて湿疹はすぐに治りますが、使い続けるうちに赤ら顔になって、ニキビ状のブツブツができる... 続きを読む

今が旬のゴールデンベリーの食べ方と女性に嬉しい効能とは?

最近よく耳にするようになった、“スーパーフード”という言葉。アメリカの食事療法を研究する医師や専門家の間で、1980年頃から言われはじめたのだそう。一般的な食材よりも栄養価が高いものを指し、日本でもブームになっているチアシードやアサイー... 続きを読む

科学的に効能が認められている温泉「療養泉」の凄さとは?

火山が多い日本は温泉大国。全国にたくさんの温泉があり、人気の観光地となっています。若い女性たちは「温泉に癒されにいく」という感覚ですが、古くから湯治と呼ばれる温泉療法を行う温泉街も数多くあります。 そのような治療効果があると認められて... 続きを読む