東洋漢方の三黄散の効能・用量・副作用など

東洋漢方の三黄散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 三黄瀉心湯
形状 散剤
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 三黄瀉心湯   

東洋漢方の三黄散の特徴

本剤は、漢方の古典「金匱要略」に収載されている三黄瀉心湯の散剤(三黄散)で、これを顆粒剤としたものである。

東洋漢方の三黄散の効能効果

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で便秘の傾向のあるもの:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り,頭重,不眠,不安),鼻血,痔出血,便秘,更年期障害,血の道症

東洋漢方の三黄散の用法用量

次の量を食間に水又は白湯にて服用して下さい。
なお,用時添付のサジ(すり切り1回量)を使用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):0.8g:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

東洋漢方の三黄散の成分分量

2.4g中
ダイオウ末 0.96g
オウゴン末 0.96g
オウレン末 0.48g
(添加物)
なし

東洋漢方の三黄散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)だらだら出血が長びいている人。
(6)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1カ月位(鼻血に服用する場合には5?6回、痔出血、便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し医師又は薬剤師に相談すること
軟便・下痢

東洋漢方の三黄散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)本剤は生薬を原料としたエキスを用いた製品ですから、製品により色調や味が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。

東洋漢方の三黄散が気になる人向けのコラム

不眠の症状と、今スグ実践したい快眠のコツを徹底解明!

放っておくと恐ろしい。睡眠不足が招く悪影響
睡眠不足は、人間の体に様々な悪影響をもたらします。たかが寝不足だと放っておくと、後々大変なことに。
毎日の体調管理には、睡眠時間をキープすることは欠かせないのです。


睡眠不足や睡眠... 続きを読む

子供にも大人と同じように「偏頭痛」がある?

大人と違う子供の偏頭痛

片頭痛は一般に発作性にみられる片側性の脈拍に一致した拍動性の頭痛で、悪心(おしん)・嘔吐を伴い、光や音に対して過敏になります。しかし、両側性で非拍動性の場合でも、日常生活が妨げられる程度の痛みで、階段の昇降な... 続きを読む

鼻血の止め方-よく鼻血が出る原因|まれに重大な病気の可能性も

誰でも一度は鼻血を経験したことがあるでしょう。しかし、頻繁に出血したりなかなか血が止まらない場合は心配なものです。何か病気が原因で鼻血が出ることもあるので、どういうときにどれくらいの量が出るのか、出血が止まりにくいかどうかなどについて、チ... 続きを読む

まだ若いのに更年期?若年性更年期障害とは

まず、更年期障害のしくみを知りましょう
更年期障害とはそもそもどのようなしくみで起きるのでしょうか。

更年期とはだいたい、「閉経の前5年と閉経の後5年の合わせた10年間」を指します。日本人の女性が閉経を迎える平均的な年齢は、50.... 続きを読む

夏の寝不足の原因は暮らしの中にある? 不眠を防ぐ5つのコツ

眠れない人が増える夏。暑さだけではなく生活習慣にも原因があるかもしれません。 夏は寝つけない、眠れない、途中で起きてしまうなどの不眠になりがち。暑さだけでなく夏の生活習慣にも注意。 眠れない、寝付けない、寝ても途中で起きてしまうなどの... 続きを読む