東洋漢方の三黄散の効能・用量・副作用など

東洋漢方の三黄散の特徴

本剤は、漢方の古典「金匱要略」に収載されている三黄瀉心湯の散剤(三黄散)で、これを顆粒剤としたものである。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 三黄瀉心湯
形状 散剤 
製造会社 東洋漢方製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 「クラシエ」漢方三黄瀉心湯エキス顆粒   JPS漢方顆粒-18号   JPS三黄瀉心湯エキス錠N   ウチダの三黄丸   ウチダの三黄瀉心湯  



東洋漢方の三黄散の効能・効果

比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で便秘の傾向のあるもの:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り,頭重,不眠,不安),鼻血,痔出血,便秘,更年期障害,血の道症

東洋漢方の三黄散の用法・用量

次の量を食間に水又は白湯にて服用して下さい。
なお,用時添付のサジ(すり切り1回量)を使用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):0.8g:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

東洋漢方の三黄散の成分・分量

2.4g中
ダイオウ末 0.96g
オウゴン末 0.96g
オウレン末 0.48g
(添加物)
なし

「東洋漢方の三黄散」を含むQ&A

もっと見る

東洋漢方の三黄散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)だらだら出血が長びいている人。
(6)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1カ月位(鼻血に服用する場合には5〜6回、痔出血、便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し医師又は薬剤師に相談すること
軟便・下痢

東洋漢方の三黄散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。
(4)本剤は生薬を原料としたエキスを用いた製品ですから、製品により色調や味が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。