快眠精の効能・用量・副作用など

快眠精の特徴

快眠精は,日常生活の中で精神的にも,身体的にも疲労が重なり,衰弱して眠りが浅いため,夜中に目が覚めてしまう傾向があり,熟眠できない方に効果をあらわす漢方製剤で,快い睡眠が得られます。
快眠精は,「酸棗仁湯」という漢方処方のエキスを服用しやすい錠剤としたもので,弱った神経を強壮にし,神経の働きを整え,体力中等度以下の方の不眠症,神経症に効果をあらわします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 酸棗仁湯
形状 錠剤 
製造会社 エスエス製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 JPS漢方顆粒-66号   JPS酸棗仁湯エキス錠N   イスクラ酸棗仁湯顆粒   ウチダの酸棗仁湯   コンレス錠  



快眠精の効能・効果

体力中等度以下で,心身が疲れ,精神不安,不眠などがあるものの次の諸症:不眠症,神経症

快眠精の用法・用量

次の1回量を1日3回,食前又は食間に服用します。
[年齢:1回量]
成人(15才以上):3錠
7才〜14才:2錠
7才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

快眠精の成分・分量

9錠(成人1日量)中
酸棗仁湯乾燥エキス-F 2050μg (サンソウニン7.5g,チモ・センキュウ各1.5g,ブクリョウ2.5g,カンゾウ0.5g)
(添加物)
カルメロース(CMC),乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース,ステアリン酸マグネシウム,タルク

「快眠精」を含むQ&A

もっと見る

快眠精の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)下痢又は下痢傾向のある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)服用後,次の症状があらわれた場合。
[関係部位:症状]
消化器:悪心,食欲不振,胃部不快感
(2)1週間位服用しても症状がよくならない場合。
3.次の症状があらわれることがあるので,このような症状の継続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,医師又は薬剤師に相談してください
下痢

快眠精の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所にビンのフタをよくしめて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)ビンの中のつめ物は,輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
(5)使用期限をすぎたものは服用しないでください。