壽量(エキス顆粒)の効能・用量・副作用など

壽量(エキス顆粒)の基本情報

壽量(エキス顆粒)

壽量(エキス顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 滋陰降火湯
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 滋陰降火湯   

壽量(エキス顆粒)の効能効果

体力虚弱で,のどにうるおいがなく,たんが切れにくくてせきこみ,皮膚が浅黒く乾燥し,便秘傾向のあるものの次の諸症:気管支炎,せき

壽量(エキス顆粒)の用法用量

食間に水又はお湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包(2.2g):3回
7歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/2量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/3量:3回
2歳未満:成人の1/4量以下:3回
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

壽量(エキス顆粒)の成分分量

3包(1包2.2g)中
水製エキス (乾燥エキスとして)1.6g (ビャクジュツ1.5g,トウキ・シャクヤク・ジオウ・バクモンドウ・チンピ・テンモンドウ各1.25g,チモ・オウバク・カンゾウ各0.75g,タイソウ0.5g,ショウキョウ0.17g)
(添加物)
乳糖

壽量(エキス顆粒)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

壽量(エキス顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

壽量(エキス顆粒)が気になる人向けのコラム

お肌を傷めない正しい洗顔法-肌質ごとの洗顔のポイント

じりじりと照りつける太陽にふき出す汗、ビルからの熱風、そしてクーラーによる乾燥……。夏の肌はいためつけられています。日焼けが肌にいけないことはいうまでもありませんが、汗もお肌の大敵です。
大量にかく汗が流れたり蒸発するとき、お肌のうる... 続きを読む

ピンクの服を着ると女性ホルモンが増える? カラーパワーの秘密

色には人を動かす力があると言われています。色は視覚に直接訴えることで心理や生理に大きな影響をもたらし、人の心や態度を動かす力になります。この色のパワーを効果的に使えば、自分の気持ちや行動を変えることができるだけでなく、周りの人の気持ちにも... 続きを読む

スイーツ依存症に注意! 砂糖と心の関係|過剰な糖分は疲労を生む

甘いものが大好きな人にとって、スウィーツに目がくらむ、そんな季節ですね。 今日は砂糖とこころの関係についてのお話です。 実は、砂糖の摂取量は文明が発達してから飛躍的に増加しています。19世紀の西欧の国々では年間平均一人あたり約3.2キログ... 続きを読む

夏こそ湯船に浸かったほうが良い理由-美肌をつくるおすすめ入浴法

蒸し暑い夏は、肌がベタベタして、家に帰ったら一刻も早く汗を流したいですね。ところであなたは、「夏はシャワーですませる」派?
それとも、「夏でもしっかり湯船に入る」派ですか?
夏はシャワー派が多いと思われるかもしれませんが、意外に湯船に入る... 続きを読む

女性にとって喫煙はこんなに怖い-タバコ顔や妊娠にも影響

1989年、世界保健機関(WHO)が5月31日を世界禁煙デーと定めてから20年近くたっていますが、日本でも最近は公共の場や職場の禁煙化がどんどん進み、今年に入ってからは一部の新幹線では全面禁煙の列車が出ています。名古屋地区では5月からタク... 続きを読む