紫雲膏の効能・用量・副作用など

紫雲膏の特徴

紫雲膏は漢方の外用薬で、紫根と当帰から有効成分を抽出した軟膏です。やけど、ひび、痔の痛み、湿疹・皮膚炎などを改善します。患部の血行を促し、潤いを与え、また炎症を鎮める働きがあります。

紫雲膏

紫雲膏

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 紫雲膏
形状 塗布剤 
製造会社 ジェーピーエス製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アピトベール   ウチダの紫雲膏   クラシエ紫雲膏   ジュンキコウ   ニタンダ紫雲膏  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



紫雲膏の効能・効果

ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、湿疹・皮膚炎

紫雲膏の用法・用量

患部を清潔にし、適量を直接塗布するか、ガーゼ、布片等に厚くのばして貼布してください。
(用法関連注意)
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.本剤は、外用にのみ使用してください。
3.目に入らないように注意してください。
4.赤紫色の軟膏のため、衣服などに付着しないよう注意してください。(本剤の色は有効成分シコンによるものです。)

紫雲膏の成分・分量

割合
油脂性抽出物 (シコン・トウキ各100、ミツロウ380、ゴマ油1000、豚脂25の割合)
(添加物)

「紫雲膏」を含むQ&A

もっと見る

紫雲膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください
(1)本剤又は本剤の成分によるアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)湿潤・ただれ・やけど・外傷のひどい人。
(3)傷口が化膿している人。
(4)患部が広範囲の人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ

紫雲膏の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
4.本剤が硬くチューブより出しにくい場合、チューブをぬるま湯(約30℃)にしばらくつけ、本剤を軟らかくしてから使用ください。
5.本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果には変わりありません。
6.使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。