紫雲膏の効能・用量・副作用など

紫雲膏の特徴

本品は、江戸時代の名医“華岡青洲”創案の軟膏で、「外科正宗」に収載され、今日まで受け継がれて来た外用の漢方薬の代表的なものです。別名を潤肌膏、紫雲愈ともいい、効能にうたわれているような皮膚の疾患に適しているので、ご家庭の常備薬として備えておきたい薬です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 紫雲膏
形状 塗布剤 
製造会社 松浦薬業
販売会社
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アピトベール   ウチダの紫雲膏   クラシエ紫雲膏   ジュンキコウ   ニタンダ紫雲膏  



紫雲膏の効能・効果

ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、湿疹・皮膚炎

紫雲膏の用法・用量

清潔にした患部に1日2〜3回すりこむか又はガーゼ等に塗布して貼ってください。
(用法関連注意)
(1)用法を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)目に入らないよう注意してください。
(5)衣類等に付着すると紫赤色に着色しますのでご注意ください。

紫雲膏の成分・分量

本品1gは
トウキ 0.08g
シコン 0.12g
ゴマ油 1g
ミツロウ 0.3g
豚脂 0.03g
(添加物)
なし

「紫雲膏」を含むQ&A

もっと見る

紫雲膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなります)
次の人は使用しないで下さい。
(1)本剤又は本剤の成分によるアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)湿潤・ただれ・やけど・外傷のひどい人
(3)傷口が化膿している人
(4)患部が広範囲の人
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
医師の治療を受けている人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ

紫雲膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。