ウチダの十味敗毒湯の効能・用量・副作用など

ウチダの十味敗毒湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 十味敗毒湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 十味敗毒湯   

ウチダの十味敗毒湯の特徴

ウチダの十味敗毒湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの十味敗毒湯の効能効果

神経質で胸や脇腹が重苦しいもので化膿症を繰り返すフルンクロージス,アレルギー性の湿疹,じんましんを起こしやすいもの:よう,せつ,湿疹,じんましん,フルンクロージス,アレルギー体質改善

ウチダの十味敗毒湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの十味敗毒湯の成分分量

1袋(20.5g)中
サイコ 2.5g
キキョウ 2.5g
ハマボウフウ 2.5g
センキュウ 2.5g
オウヒ 2.5g
ブクリョウ 2.5g
ドクカツ 1.5g
ケイガイ 1.5g
カンゾウ 1.5g
ショウキョウ 1g
(添加物)
無し

ウチダの十味敗毒湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
まれに次の重篤な症状がこることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位(化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
5.本剤の服用により,まれに症状が進行することもあるので,このような場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの十味敗毒湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの十味敗毒湯に効果効能が似た薬

ウチダの十味敗毒湯が気になる人向けのコラム

体質改善にもなる「スイミングダイエット」

スイミング
スイミングダイエットは、泳ぐことでカロリーを消費して痩せるというダイエット方法です。
スイミングは実はとてもカロリーを消費するスポーツで、同じ人が30分をーキングをした場合と30分泳いだ場合では、泳いだ方が約3倍もカロリー... 続きを読む

低体温は美容の大敵 じんわりと温かい「ホットストーン」で体質改善

冷え性、頭痛、腰痛など、女性に多い不快な症状に対して、効果があると言われるホットストーン。一般的にはスパやマッサージ店でプロに施術してもらうイメージですが、今や自宅でも気軽にできるようになりました。 低体温は健康や美容の大敵 50 年... 続きを読む

子どものアレルギーは予防できるのか-早めにできるケアって何?

アレルギー性の病気に悩む子どもの姿が目立ちます。実際、文部科学省の統計をみても、たとえばぜん息患者の割合は、幼稚園児から高校生までの各年代で10年前の2倍前後に増えています(「平成20年度学校保健統計調査」より)。とはいえ、ひと口にアレル... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

咳が治らない原因は「咳喘息」かも? 咳喘息の6つの症状とは

風邪は治ったはずなのに、咳(せき)がなかなか止まらず1カ月以上も続いている――こんな場合は「咳喘息(せきぜんそく)」という病気になっている疑いがあります。
咳喘息は、気管支の内側の粘膜に慢性的に炎症が起こっていて、ちょっとした刺激にも... 続きを読む