JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの効能・用量・副作用など

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 小半夏加茯苓湯
形状 錠剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 小半夏加茯苓湯   

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの特徴

小半夏加茯苓湯は古来よりつわりに繁用される代表的な薬方で、悪心、嘔吐、胃炎を改善します。胃内の余分な水分を取り除き、はきけを抑える働きがあります。
本剤は漢方処方である小半夏加茯苓湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい錠剤としました。

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの効能効果

体力に関わらず使用でき、悪心があり、ときに嘔吐するものの次の諸症:
つわり、嘔吐、悪心、胃炎

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの用法用量

次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):3錠:3回
7才以上15才未満:2錠:3回
5才以上7才未満:1錠:3回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)食間とは食後2?3時間を指します。

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの成分分量

9錠中
小半夏加茯苓湯乾燥エキス 1.6g (ハンゲ6g、ショウキョウ1.5g、ブクリョウ5g)
(添加物)
二酸化ケイ素,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を原料として使用していますので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

JPS小半夏加茯苓湯エキス錠Nが気になる人向けのコラム

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その2 旅行計画は慎重に

前回は、妊娠がわかったときに夫に知っておいてもらいたいことを7カ条にまとめて紹介しました。(「二人のための「イクメン」大作戦
1」)。今回は、その中の1~4カ条について、少し詳しく説明します。
そのときにならないと、なかなか実感できない... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その1 知って欲しい7カ条

ここ数年、「イクメン」と呼ばれる男性が増えています。「育児を楽しみ、自分も成長するいい男」=「育児メンズ」から来た造語だとか。育児を女性にまかせっぱなしにしないで、男性も積極的に育児参加することは、家庭を築いていくうえで重要なことだと思い... 続きを読む

妊娠初期の運動はどのくらいなら大丈夫? おすすめと注意点

まだ体調が不安定な妊娠初期。無理に動く必要はありませんが、適度な運動は胎児の発育のサポートにもなります。おすすめの運動と、注意すべき点をまとめました。 妊娠初期の運動で流産の心配なし 妊娠初期は、特に6〜7週目に流産が起こりやすく、その... 続きを読む

妊娠初期の流産の確率は? 6つの症状と兆候|流産予防策とは

妊娠中は誰もが、順調な赤ちゃんの成長を願うもの。でも、実際は妊娠の15%が流産に至るというデータも。できるだけ、自分で防ぐにはどうしたら?
その方法をまとめました。 流産全体の80%が
妊娠12週未満 「流産」とは、妊娠22週より前に... 続きを読む

胃がんのリスク5倍! ピロリ菌ってなに? 予防のためにできること

今年の9月初め、厚生労働省の大規模疫学調査により、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんとの因果関係が発表されました。厚生労働省では、1990年から15年にわたり、全国の40~69歳の男女約4万人を追跡調査。それによると、ピロリ菌の感染者は非感... 続きを読む