ウチダの消風散の効能・用量・副作用など

ウチダの消風散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 消風散
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 消風散   

ウチダの消風散の特徴

ウチダの消風散は漢方処方にしたがって,生薬を配合して製した散剤で,特異な芳香があります。

ウチダの消風散の効能効果

長年治らない頑固な皮膚病で分泌物が多く,痂皮を形成し,口渇を訴え,そう痒感甚しく,夏期又は温暖時に悪化するもの:湿疹,じんましん,水虫,あせも,皮膚そう痒症

ウチダの消風散の用法用量

次の1回量を1日3回食前1時間又は食間空腹時に水又は温湯で服用する。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2.0g
15才未満12才迄:1.6g
12才未満7才迄:1.4g
7才未満5才迄:1.0g
5才未満2才迄:0.6g
2才未満:0.3g
(用法関連注意)
(1)添付の匙はすり切りで,大匙1ぱいが約1g,小匙1ぱいが約0.1gです。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの消風散の成分分量

23g中
トウキ 3g
ジオウ 3g
セッコウ 3g
ハマボウフウ 2g
ソウジュツ 2g
モクツウ 2g
ゴボウシ 2g
チモ 1.5g
ゴマ 1.5g
センタイ 1g
クジン 1g
ケイガイ 1g
(添加物)
無し

ウチダの消風散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.本剤の服用により,まれに症状が進行することもあるので,このような場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウチダの消風散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの消風散が気になる人向けのコラム

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

冷え症・風邪を改善するツボマッサージ-イラストで解説付き

寒くて乾燥する冬は、冷え性の人にとってはつらい季節ですね。風邪やインフルエンザも流行してきています。今回は、冷え性と風邪に効くツボマッサージを紹介しましょう。
東洋医学では人間を一つの小宇宙として捉え、体の不調や病気を宇宙(環境・自然... 続きを読む