ウチダの辛夷清肺湯の効能・用量・副作用など

ウチダの辛夷清肺湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 辛夷清肺湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 辛夷清肺湯   

ウチダの辛夷清肺湯の特徴

ウチダの辛夷清肺湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合して製した煎剤で,特異なにおいがあります。

ウチダの辛夷清肺湯の効能効果

鼻閉塞,鼻茸,肥厚性鼻炎,上顎洞化膿症

ウチダの辛夷清肺湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(13才以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ,300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
13才未満5才迄:大人の煎液の1/2量を2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
5才未満:大人の煎液の1/3量を2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの辛夷清肺湯の成分分量

1袋中
シンイ 2g
ビワヨウ 2g
チモ 3g
ビャクゴウ 3g
オウゴン 3g
サンシシ 3g
バクモンドウ 5g
セッコウ 5g
ショウマ 1g
(添加物)
無し

ウチダの辛夷清肺湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸虚弱で冷え性の人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:せきを伴い,息切れ,呼吸困難,発熱等があらわれる。
肝機能障害:全身のだるさ,黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合

ウチダの辛夷清肺湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの辛夷清肺湯に効果効能が似た薬

ウチダの辛夷清肺湯が気になる人向けのコラム

健康で美しい歯とは? 噛み合わせが悪いとなぜいけないのか

健康な歯をしている人は、実は見た目も自然と美しくなります。ここでいう「美しい」とは、つくられた美しさではなく、自然な美しさのことをいいます。自然な美しさは、実は「機能美」でもあります。この「機能美」が確立されていないと、顎関節症、歯ぎしり... 続きを読む

鼻血の止め方-よく鼻血が出る原因|まれに重大な病気の可能性も

誰でも一度は鼻血を経験したことがあるでしょう。しかし、頻繁に出血したりなかなか血が止まらない場合は心配なものです。何か病気が原因で鼻血が出ることもあるので、どういうときにどれくらいの量が出るのか、出血が止まりにくいかどうかなどについて、チ... 続きを読む

鼻の構造と役割とは? 鼻の3つの大きな役割|鼻の病気について

8月7日は「鼻の日」。1961年に日本耳鼻咽喉科学会が定め、毎年鼻の健康を守る啓発活動を行っています。というわけで今回のテーマは、空気の取り込み口であり、通り道でもある「鼻」です。
まず、鼻の構造はどのようになっているのかみていきまし... 続きを読む

親知らずが生えたらどうすればいい? 抜いたほうがいい場合とは

大人になった頃、あごの一番奥に生えてくるいわゆる「親知らず」は、子どもの歯が生えてきたときのように喜ばれることもありません。反対に、「抜かなきゃいけないのか」と不安がられたり迷惑がられたりする始末。「腫れて痛い思いをした」とか「抜くのにひ... 続きを読む

深呼吸のリラックス効果と健康効果-生活習慣病の予防にも

仕事や家事で疲れたとき、大きく息を吸ってゆっくり吐くと、体全体のこりがほぐれてゆったりした気分になります。こうしたリラックス効果は、深呼吸のもつ大きなメリットの一つです。
深呼吸をするとリラックスできるのは、自律神経のうち交感神経の働... 続きを読む