恵痔(エキス顆粒)の効能・用量・副作用など

恵痔(エキス顆粒)の基本情報

恵痔(エキス顆粒)

恵痔(エキス顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 秦ぎょう防風湯
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

恵痔(エキス顆粒)の効能効果

体力中等度で,便秘傾向があるものの次の症状:痔核で排便痛のあるもの

恵痔(エキス顆粒)の用法用量

食間に水又はお湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包(2g):3回
7歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/2量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/3量:3回
2歳未満:成人の1/4量以下:3回
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

恵痔(エキス顆粒)の成分分量

3包(1包2.0g)中
水製エキス (乾燥エキスとして)1.4g (ジンギョウ・タクシャ・チンピ・サイコ・ボウフウ各1.0g,トウキ・ソウジュツ・トウニン各1.5g,カンゾウ・オウバク・ショウマ・ダイオウ・コウカ各0.5g)
(添加物)
乳糖,バレイショデンプン

恵痔(エキス顆粒)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の医薬品を服用している人。
便秘薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

恵痔(エキス顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

恵痔(エキス顆粒)に効果効能が似た薬

恵痔(エキス顆粒)が気になる人向けのコラム

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 1

好き嫌いの傾向は、遺伝子や育ち方、環境要因と密接なかかわりのある「脳のクセ」に影響されます。逆にいえば、脳のクセを知ることで、自分に合ったストレス対策を見つけることができるとも考えられます。
まずは、「脳のクセを知るテスト」のABCD... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む

自分を成長させるには適度な緊張感がポイント-能力のエッジを探る

3月を迎え、2008年度も締めくくりの時期となりました。異動や転勤、転居といった変化の時期を迎える方も多いでしょう。新たな世界を前にして、期待に胸を膨らます方、どちらかといえば期待より不安が大きい方、様々だと思います。今回は、「エッジ」とい... 続きを読む

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

テストで脳のクセが分かる-脳のタイプでストレス対策ができる 2

仲間と賑やかにしているのが好きで、いつも誰かがそばにいないとダメな甘えん坊さんがこのタイプ。脳のクセでいえば「報酬依存」傾向の強い人です。
この場合の報酬とは、「周りから認められているという実感」のことで、これがないと不安になり、拒絶さ... 続きを読む