ジンソインエキスサンの効能・用量・副作用など

ジンソインエキスサンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ジンソインエキスサンの効能効果

四季の感冒、はなかぜの補助療法

ジンソインエキスサンの用法用量

次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人:0.6g(添付のサジ1杯):3回
8歳以上15歳未満:大人の1/2の量(0.3g):3回
8歳未満:大人の1/4の量(0.15g):3回
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

ジンソインエキスサンの成分分量

1.8g中
エキス 0.300g (カッコン0.300g・カンゾウ0.010g・キキョウ0.700g・キジツ0.010g・ショウキョウ0.005g・ソヨウ0.300g・タイソウ0.005g・チクセツニンジン0.005g・チンピ0.200g・ハンゲ0.500g・ブクリョウ0.100g・モッコウ0.005g・ゼンコ0.500g)
カンゾウ末 0.400g
ショウキョウ末 0.050g
ブクリョウ末 0.800g
キジツ末 0.250g
(添加物)
なし

ジンソインエキスサンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ジンソインエキスサンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ジンソインエキスサンに効果効能が似た薬

ジンソインエキスサンが気になる人向けのコラム

ミニ盆栽をはじめてみよう! 小さな自然がもたらす6つの健康効果

仕事や家事で疲れてイライラしたとき、樹木や花をみて心が和み、ほっとリラックスしたことはありませんか?
ガーデニングまでいかなくても、部屋にちょっとした観葉植物を飾っている人は多いでしょう。もっと気軽な、サボテンやこけ玉といった小さな鉢植え... 続きを読む

花つぼみ

美肌や便秘解消に効果がある花つぼみが、口コミで人気です。中にはすでに身近なものもあり、バラのハーブティには、花のつぼみでできているものも。
実は、この花つぼみ、中国・清王朝の名門皇族・愛新覚羅(あいしんかくら)家に秘伝のレシピがあるほど... 続きを読む

身近な自然に触れてストレスを解消しよう-植物の癒し効果でリフレッシュ

日本の四季の移り変わりの中には、様々な植物が満ちています。うららかな春は、自然の芽吹きに心躍り、太陽が力強さを増す夏には、葉や幹の躍動感に感嘆させられる。成長して豊かに実を結ぶ豊穣の秋、雪解けが待ち遠しい冬。こうした植物に触れることは、スト... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

森林の持つ癒しのパワーとは-緑の香り、フィトンチッドの効果

秋も深まってきました。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・どんな秋を過ごされているでしょうか。忙しい日々を送っている方や室内にこもりがちな方も、たまには日頃じっくり見ていなかったり感じなくなったりしている自然界のものを、ほんの少しだけでも探... 続きを読む