ウチダの神秘湯の効能・用量・副作用など

ウチダの神秘湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 神秘湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 神秘湯   

ウチダの神秘湯の特徴

ウチダの神秘湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎剤で,特異な芳香があります。

ウチダの神秘湯の効能効果

咳嗽発作時に呼吸困難があり喀痰は少なく気鬱の神経症が加わったもので病症のやや慢性化したもの:気管支ぜんそく,小児ぜんそく
*「咳嗽(がいそう)」とは痰のある咳を指します.
*「喀痰(かくたん)」とは吐いた痰を指します.
*「気鬱(きうつ)」とは気のうっけつを指します.

ウチダの神秘湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(13才以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加え,あまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ,袋をとり出し,2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
13才未満5才迄:大人の煎液の1/2量を2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
5才未満:大人の煎液の1/3量を2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの神秘湯の成分分量

1袋中
マオウ 5g
キョウニン 4g
コウボク 3g
チンピ 2.5g
カンゾウ 2g
サイコ 2g
ソヨウ 1.5g
(添加物)
無し

ウチダの神秘湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:悪心,食欲不振,胃部不快感
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師に相談すること

ウチダの神秘湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの神秘湯に効果効能が似た薬

ウチダの神秘湯が気になる人向けのコラム

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

こころの健康に必要なこと-こころが発するメッセージを受け止めて

新年が明けて早1ヶ月。時間の経つのは早いものですね。めまぐるしい日々の生活を乗り切るために、皆さんも健康には気を使われているのではないでしょうか。 ジムで体を鍛えたり、栄養のあるものを食べたり、時にはゆっくりと休息したり、それぞれの健康法が... 続きを読む

セルフチェックのすすめ-自分のからだを健康に保つためのポイント

家に帰ってドアを開けた瞬間や、お風呂に入って、ふーっとため息をついた瞬間に、どっと疲れが出てきて、「あ、自分はこんなに疲れていたのか」と気づくことはありませんか。日々の生活で、ストレスは知らず知らずに溜まっていくもの。日々のストレスは、その... 続きを読む

長引く咳に注意!マイコプラズマ肺炎かも

マイコプラズマ肺炎とは

マイコプラズマ肺炎は若い人に多くみられ、痰(たん)のない乾いた激しいせきが長引くが、重症化することは少ない。
マイコプラズマ - goo ヘルスケア

風邪だと思っていても、咳がなかなか止まらないときマ... 続きを読む

髪は健康のバロメーター 抜け毛やフケなどのトラブルの原因は?

夏は紫外線の関係で、髪にもダメージの多い季節です。ヘアトラブルに悩まされていませんか。
髪は見た目だけの問題ではありません。髪は健康をあらわすバロメーターでもあるのです。病気中や疲労時、体の栄養は生命維持に直接関わる脳や心臓に優先的にま... 続きを読む