顆粒露恵の効能・用量・副作用など

顆粒露恵の基本情報

顆粒露恵

顆粒露恵

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 神秘湯
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 神秘湯   

顆粒露恵の効能効果

体力中等度で,せき,喘鳴,息苦しさがあり,たんが少ないものの次の諸症:小児ぜんそく,気管支ぜんそく,気管支炎

顆粒露恵の用法用量

空腹時又は食間に水又はお湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包:3回
7歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/2量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/3量:3回
2歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

顆粒露恵の成分分量

3包(1包2g)中
水製エキス (乾燥エキスとして)2.08g (キョウニン・サイコ各2.4g,コウボク・ソヨウ・チンピ・マオウ各1.8g,カンゾウ1.2g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン

顆粒露恵の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

顆粒露恵の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

顆粒露恵が気になる人向けのコラム

長引く咳に要注意!あなたも咳ぜんそくかも

こんな時は咳ぜんそくを疑ってみよう

ぜんそくというと子どもに多いと思われるかもしれませんが、実は大人のぜんそく患者が増えています。
大人のぜんそくが増えている(1) - goo ヘルスケア

風邪が治った後も1カ月以上頑固な... 続きを読む

吉田沙保里さんも…おとなの「喘息(ぜんそく)」にご用心

「霊長類最強の女」と呼ばれるレスリングの吉田沙保里さんが、喘息を発症したという報道がありました。 2015年9月の世界選手権の前からその症状が出ていたようで、どんどん病状が悪化して、ようやく12月に入って受診、判明したそうです。 スパー... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている-激しいせきはぜんそく?8つの症状

なかなか止まらない激しいせき、呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューと鳴るのど、そして息苦しさ。このようなぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜がちょっとした刺激に過敏に反応し、気道が狭くなることで起こります。
刺激に反応した気道で... 続きを読む

知っておこう!小児慢性特定疾患医療費助成制度

小児慢性特定疾患医療費助成制度とは?
「小児慢性特定疾患医療費助成制度」は子どもの健全な育成を目的とし疾患の治療方法の確立を目指す厚生労働省の『小児慢性特定疾患治療研究事業』の一環として施行されます。親は誰でも、赤ちゃんが誕生した瞬間か... 続きを読む

大人のぜんそくが増えている? ぜんそくを疑う10の症状と治療法

大人の気管支ぜんそく(以下、ぜんそく)が増えています。ぜんそくの発作は、空気の通り道である気道の粘膜が何らかの刺激に過敏に反応して慢性的な炎症を起こし、狭くなる(狭窄する)ことで起こります。発作時、患者さんは「鼻をつまんで細いストローで呼... 続きを読む