仁寿(エキス顆粒)の効能・用量・副作用など

仁寿(エキス顆粒)の基本情報

仁寿(エキス顆粒)

仁寿(エキス顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 清上けん痛湯(駆風触痛湯)
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

仁寿(エキス顆粒)の効能効果

体力に関わらず使用でき,慢性化した痛みのあるものの次の諸症:顔面痛,頭痛

仁寿(エキス顆粒)の用法用量

食間に水又はお湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包(2g):3回
7歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/2量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/3量:3回
2歳未満:成人の1/4量以下:3回
(用法関連注意)
食間とは食後2?3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

仁寿(エキス顆粒)の成分分量

3包(1包2.0g)中
水製エキス (乾燥エキスとして)1.2g (バクモンドウ3.0g,オウゴン2.0g,ボウフウ・ソウジュツ・トウキ・センキュウ・ビャクシ・キョウカツ・ドクカツ各1.5g,マンケイシ1.0g,サイシン・カンゾウ各0.5g,コウホン0.75g)
(添加物)
乳糖,バレイショデンプン

仁寿(エキス顆粒)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

仁寿(エキス顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

仁寿(エキス顆粒)が気になる人向けのコラム

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

顔ツボマッサージのやり方-誰かにやってあげたくなるツボ押し

顔のマッサージは、エステティックサロン以外ではあまり行われていませんが、顔や頭部、首すじから胸元にはたくさんのツボとリンパ節が集中し、マッサージによってさまざまな効果が期待できます。リラックスはもちろん、疲れを取って全身のコンディションを... 続きを読む

激しい頭痛は要注意! 危険な5つの頭痛|群発頭痛の原因と対処法

いてもたってもいられないような激しい痛み、今すぐストップしたい!
そんな群発頭痛の症状と対処法をご紹介します。 のたうちまわるような痛みに襲われる 群発頭痛とは、目のすぐ後ろにある血管の壁が炎症して起こる頭痛です。圧倒的に20~40代の... 続きを読む

成人の4.4人に1人が慢性的な痛みを抱えている-上手く付き合う方法

梅雨どきになると腰痛や関節痛、肩こりがひどくなるという人は多いでしょう。慢性的な痛みをもつ人にとってはつらい季節です。
厚生労働省では、慢性的な痛み(慢性疼痛)の定義を、「一定期間(月単位)以上続く痛み、かつ痛みの存在が身体的、社会的に... 続きを読む

再建医療とスーパーマイクロサージャリー 手指や乳房の再建術とは

形成外科の領域では、病気治療の結果やけが、あるいは生まれながらにして、欠損した部位を復元・修復することを目的に、さまざまな技術が開発され、再建医療が実践されています。マイクロサージャリー(微小外科)の技術の進歩で、現在では、より安全で患者... 続きを読む