ウチダの疎経活血湯エキス散の効能・用量・副作用など

ウチダの疎経活血湯エキス散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 疎経活血湯
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 疎経活血湯   

ウチダの疎経活血湯エキス散の特徴

ウチダの疎経活血湯エキス散は,漢方処方にしたがい生薬を配合し抽出して得た水製エキスを服用しやすく散剤(細粒)としたものです。

ウチダの疎経活血湯エキス散の効能効果

体力中等度で、痛みがあり、ときにしびれがあるものの次の諸症:
関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛

ウチダの疎経活血湯エキス散の用法用量

次の1回量を1日3回食前または食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):2.5g
15歳未満7歳以上:大人の2/3の量
7歳未満4歳以上:大人の1/2の量
4歳未満2歳以上:大人の1/3の量
2歳未満:大人の1/4以下の量
(用法関連注意)
(1)添付のサジ1ぱいが約1gです。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの疎経活血湯エキス散の成分分量

本品1日量(7.5g)中
疎経活血湯エキス 4.03g (シャクヤク1.25g,ジオウ・センキュウ・トウキ・ソウジュツ・トウニン・ブクリョウ各1g,ゴシツ・チンピ・ボウイ・ボウフウ・リュウタン・イレイセン・キョウカツ各0.75g,カンゾウ・ビャクシ各0.5g,ショウキョウ0.25g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ウチダの疎経活血湯エキス散の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの疎経活血湯エキス散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの疎経活血湯エキス散に効果効能が似た薬

ウチダの疎経活血湯エキス散が気になる人向けのコラム

朝の目覚めをスッキリさせる活脳体操! 寝たままできる簡単体操

朝の目覚めがスッキリしない、午前中はどうしても頭がぼ~っとしてエンジンがかからない…そんなあなたには、軽く活脳体操を行ってから起きるようにすることをおすすめします。
体操といっても、ハードな運動ではありません。とても簡単な体操で、ふとん... 続きを読む

誰もが危険。寿命を縮める恐怖の「しびれ」

しびれのメカニズム
日常生活でまれに体がしびれることがありますが、この程度のしびれであれば隠れた病気の心配をする必要はありません。しびれは主に次のようなことが原因で起こります。


しびれとは、触覚、痛覚、温度覚などの知覚神経の障... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

小豆ミルクで自律神経をととのえてやせる!

小豆ミルク
男性に比べると女性が便秘になりやすいのはれっきとした理由があります。

女性は男性に比べて1月単位で見てもホルモンバランスが常に変化しており、ホルモンバランスの影響を受けて腸の動きが鈍り、便秘になると言われているのです。... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む