ハミノン漢方便秘薬の効能・用量・副作用など

ハミノン漢方便秘薬の基本情報

ハミノン漢方便秘薬

ハミノン漢方便秘薬

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 大黄甘草湯
形状 錠剤
製造販売会社 堀井薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 大黄甘草湯   

ハミノン漢方便秘薬の特徴

ハミノン漢方便秘薬は,便秘や便秘に伴う頭重,のぼせ,肌あれ,吹出物等の症状を緩和する漢方処方の便秘薬です。
●ハミノン漢方便秘薬は,便秘に古くから用いられている代表的な漢方処方「大黄甘草湯」を飲みやすい錠剤にしたものです。
●甘草が大黄の作用をコントロールし,大腸の運動をととのえおだやかな効き目を現します。
●おやすみ前に服用しますと,通常は睡眠を妨げることなく翌朝にお通じがえられます。

ハミノン漢方便秘薬の効能効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,湿疹,皮膚炎,吹出物(にきび),食欲不振(食欲減退),腹部膨満,腸内異常醗酵,痔

ハミノン漢方便秘薬の用法用量

次の量を1日1回,就寝前に水又はお湯で,かまずに服用してください。
[年齢:2?3日便通がない時:4日以上便通がない時]
大人(15歳以上):1錠?3錠:2錠?4錠
小児(5歳?14歳):半錠?1錠半:1錠?2錠
5歳未満:服用しないでください
ただし,便秘の症状には個人差がありますので,初回は最小量を用い,便通の具合や状態をみながら少しずつ増量(上記の最大量まで)又は減量してください。
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ハミノン漢方便秘薬の成分分量

4錠中
大黄甘草湯エキス末(2/5量) 400mg 〔ダイオウ(大黄)1600mg,カンゾウ(甘草)400mg〕
(添加物)
乳糖水和物,合成ケイ酸アルミニウム,結晶セルロース,低置換度ヒドロキシプロピルセルロース,ポビドン,クロスポビドン,タルク,ステアリン酸マグネシウム

ハミノン漢方便秘薬の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないでください。
5歳未満の乳幼児
2.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下痢)
3.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
下痢
4.5?6日間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

ハミノン漢方便秘薬の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)ビンの中の詰め物は錠剤の破損防止用です。
開封時にすててください。
ただし乾燥剤はそのままビンに入れて保管してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。尚,使用期限内であっても,一度開封した後は,品質保持の点から開封日より6ヶ月以内に服用してください。(箱とビンの〔開封年月日〕記入欄に,ビンを開封した日付を記入してください)

ハミノン漢方便秘薬が気になる人向けのコラム

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

腸内環境改善で10kg減 ダイエットしても痩せないのは「デブ菌」が原因だった

私達の腸内には気が遠くなるほどの細菌が住んでいます。その数、なんと、約1000兆個近く!
そして、そのなかには、肥満と強く関係する菌(通称:デブ菌)が存在するらしいのです。 「運動してもなかなか痩せない、少し食べただけなのに太る…、と... 続きを読む

潰瘍性大腸炎が20~30代に急増してる? 主な3つの症状

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍ができる病気です。もともと欧米に多くみられた病気ですが、近年日本でも患者数が急増しています。2013年の患者数は1000人に1人程度ですが、10年で約2倍になる勢いで急増してい... 続きを読む

甘草グラブラポリフェノール

ヨーロッパでは「リコリス」として4 千年以上も昔からなじみのあるマメ科の植物、「甘草グラブラ種」。お菓子やお酒にもよく使われており、その根茎に多く含まれている成分を抽出したのが「甘草グラブラポリフェノール」です。最近、ダイエット系サプリの... 続きを読む