大黄甘草湯エキス錠の効能・用量・副作用など

大黄甘草湯エキス錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 大黄甘草湯
形状 錠剤
製造販売会社 北日本製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 大黄甘草湯   

大黄甘草湯エキス錠の特徴

■◎大黄甘草湯エキス錠は次のような症状の人におすすめします。
1.お通じが悪く,肌荒れや吹き出物に悩まされている方。
2.お通じが悪く,食欲不振や頭痛,のぼせの症状がある方。
3.常習便秘になやまされている方。

大黄甘草湯エキス錠の効能効果

(一般用の場合)
便秘,便秘に伴う頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・吹出物(にきび)・食欲不振(食欲減退)・腹部膨満・腸内異常醗酵・痔などの症状の緩和
(配置用の場合)
便秘

大黄甘草湯エキス錠の用法用量

次の量を就寝前に水でかまずに服用すること。ただし初回は最小量を用い,便通の具合や状態を見ながら,半錠ないし1錠ずつ増量(次の最大量まで)または減量すること。
[年齢:2?3日便通がないとき(軽い便秘のとき):4日以上便通がないとき(頑固な便秘のとき):1日服用回数]
成人(15才以上):2錠?6錠:4錠?8錠:1回
5才以上15才未満:1錠?3錠:2錠?4錠:1回
5才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
5才以上の幼小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

大黄甘草湯エキス錠の成分分量

1日量8錠(1錠320mg)中
大黄甘草湯エキス 1000mg (ダイオウ4000mg,カンゾウ1000mg)
(添加物)
乳糖,セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),ステアリン酸マグネシウム,タルク

大黄甘草湯エキス錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.5?6日間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

大黄甘草湯エキス錠の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
2.小児の手の届かない所に保管すること。
3.他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
4.ビン入りの場合は,服用のつどフタをよくしめること。
(ビンのフタのしめ方が不十分な場合,湿気などの影響で薬が変質することがある)。

大黄甘草湯エキス錠が気になる人向けのコラム

お腹と腰を暖めると便秘が治る? 看護師さんも実践する温罨法とは

入院患者の便秘の緩和に、「温罨法(おんあんぽう)」という方法が看護の現場で効果を上げています。蒸しタオルで腰やおなかを温めるだけ、という簡単な方法ですから、家庭や職場でも使えそうです。
病院では、手術後の患者さんや介護の必要な人など、... 続きを読む

腸内の招かざる客?!太る原因は「デブ菌」だった! 撃退法はある?

最近、テレビ番組でも特集されるなど、一躍注目を浴びている「デブ菌」を知っていますか?なんともストレートなネーミングですが、腸内で消化されたものを排出せず体内に溜め込む菌のことをいうそうです。「食べる量は人並みなのに太ってしまう…」、「運... 続きを読む

腸内環境改善で10kg減 ダイエットしても痩せないのは「デブ菌」が原因だった

私達の腸内には気が遠くなるほどの細菌が住んでいます。その数、なんと、約1000兆個近く!
そして、そのなかには、肥満と強く関係する菌(通称:デブ菌)が存在するらしいのです。 「運動してもなかなか痩せない、少し食べただけなのに太る…、と... 続きを読む

健診と人間ドックの違いは? 一般検診はがんの早期発見は難しい

健康に関心が高い人は、毎年何らかの健康診断を受けていると思います。それが人間ドックか一般健診か、個人で受けるか職場や自治体が行う健診を受けるかなどの違いはあっても、毎年受診されている人も多いでしょう。しかし、実際に自分で受けておられる健康... 続きを読む

関節リウマチは30代の女性にも発症する? 進化した治療法とは

関節リウマチは、免疫の異常によって全身の関節に慢性的な炎症が起こる病気です。炎症によって腫れや痛みが生じ、放置すれば骨や軟骨が徐々に破壊されて変形することもあり、そうなると日常生活や仕事に支障を来します。
関節以外にも、呼吸器の病気や動... 続きを読む