治頭瘡一方(エキス顆粒)の効能・用量・副作用など

治頭瘡一方(エキス顆粒)の基本情報

治頭瘡一方(エキス顆粒)

治頭瘡一方(エキス顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 治頭瘡一方
形状 散剤
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 治頭瘡一方   

治頭瘡一方(エキス顆粒)の効能効果

体力中等度以上のものの顔面,頭部などの皮膚疾患で,ときにかゆみ,分泌物などがあるものの次の諸症:湿疹・皮膚炎,乳幼児の湿疹・皮膚炎

治頭瘡一方(エキス顆粒)の用法用量

食間に水又はお湯にて服用
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1包(2g):3回
7歳以上15歳未満:成人の2/3量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/2量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/3量:3回
2歳未満:成人の1/4量:3回
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

治頭瘡一方(エキス顆粒)の成分分量

3包(1包2.0g)中
水製エキス (乾燥エキスとして)1.1g (レンギョウ1.75g,センキュウ・ソウジュツ各1.5g,ニンドウ・ボウフウ各1.0g,ケイガイ0.75g,カンゾウ・コウカ・ダイオウ各0.25g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン

治頭瘡一方(エキス顆粒)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の医薬品を服用している人。
便秘薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.本剤の服用により、まれに症状が進行することもあるので、このような場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

治頭瘡一方(エキス顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

治頭瘡一方(エキス顆粒)が気になる人向けのコラム

RSウイルス感染の徹底予防法 乳幼児や高齢者に感染させないためは?

乳幼児がかかりやすいRSウイルス。体力のない高齢者が施設内で集団感染したという報告も。普段の生活の中で移りやすいウイルスのため、家族も注意が必要です。 インフルエンザと重なる11〜1月がピーク RSウイルスは世界中に分布しているウイル... 続きを読む

乳幼児の夜泣きに効果抜群 乳酸菌サプリ! 夜泣きが1/4に減る?

原因不明だった赤ちゃんの「夜泣き」に対処するスウェーデン発祥のサプリメントが2015年4月から一斉発売されます。これは全国の悩めるママ、パパ、赤ちゃん本人にも朗報!産後のうつ症状で苦しむママや働くママのにとって、心強い存在になってくれそうで... 続きを読む

RSウイルスに赤ちゃんが感染すると重症化の危険-予防法とは

「RSウイルス感染症」の流行が始まっています。国立感染症研究所の調査によると、今年(2014年)は患者数(報告)が8月下旬から急増し、9月中旬には流行期に入ったとみられています。例年晩秋から春にかけて流行し、冬季にピークがみられましたが、... 続きを読む

子どもが風邪から中耳炎を発症しやすい理由-急性中耳炎の対処法

「ひな祭り」の3月3日は、「耳の日」でもあります。耳の健康障害でポピュラーな「中耳炎」は、乳幼児がかかりやすい病気です。細菌やウイルスが鼓膜(こまく)の内側の中耳に侵入して炎症を起こしますが、かぜに引き続いて起こることがよくあります。夜中... 続きを読む

脳腫瘍の基礎知識 早期に現れる9つの症状 腫瘍部位別症状

頭蓋骨内にできた腫瘍を総称して「脳腫瘍」といいます。頭蓋骨内の組織そのものから発生した「原発性脳腫瘍」と、ほかの臓器・部位にできたがんが転移した「転移性(続発性)脳腫瘍」に大別されます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最... 続きを読む