ベルクミンの効能・用量・副作用など

ベルクミンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 塗布剤
製造販売会社 松浦薬業
販売会社 松浦漢方
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ベルクミンの特徴

本品は、消炎解毒作用のあるオウバク(黄柏)、ウコン(鬱金)を配合した軟膏剤で、やけど、ただれ、すり傷、きり傷をはじめ、痔のはれ、出血などの症状にもご使用いただけます。
特に患部が熱をもったような症状に効を奏します。

ベルクミンの効能効果

火傷、外傷、きれ痔(さけ痔)・いぼ痔の痛み・かゆみ・はれ・出血・ただれの緩和、おでき、湿疹、かぶれ、ただれ、あせも、かゆみ、ひび、しもやけ、あかぎれ

ベルクミンの用法用量

患部に直接塗布するか、ガーゼ、布片、リント布等に塗り、広げて貼ってください。かさぶたのある患部にはガーゼに広げて貼ってください。
(用法関連注意)
(1)用法を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)目に入らないよう注意してください。
(5)衣類等に付着すると黄色に着色しますのでご注意ください。

ベルクミンの成分分量

本品100g中
油脂性抽出物 100g (オウバク(黄柏)10g、ウコン(欝金)8g)
(添加物)
基剤:ゴマ油100g、ミツロウ38g、豚脂2g

ベルクミンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤・ただれ・やけどのひどい人
(4)傷口が化膿している人
(5)患部が広範囲の人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ

ベルクミンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ベルクミンが気になる人向けのコラム

ウコンを飲むだけですっきりとダイエット

ウコン
二日酔い対策の代表格ともいえるウコンですが、実はダイエットにも大変効果があると話題になっています。
ウコンには、脂肪細胞の増加を抑制し、さらに脂肪の分解を促す効果があります。
普段通りの食事にウコンをプラスするだけで脂肪の蓄... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

お尻から血が出た! 原因は痔でなく大腸がんの可能性もある?

トイレで排便のときに真っ赤な出血があったら、たいていの人はドキリとすることでしょう。排便時の出血で多いのは痔(じ)ですが、それ以外にも大腸がんという重大な病気が隠れていることもあるので、ひとまず専門医に診てもらうことが必要です。
痔は... 続きを読む