ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の効能・用量・副作用など

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 釣藤散
形状 散剤
製造販売会社 ツムラ
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 釣藤散   

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の特徴

「釣藤散」は,漢方の古典である『本事方』に記載されている漢方薬で,慢性に経過する頭痛やめまい,肩こりがある「高血圧ぎみの症状」,「慢性頭痛」,「神経症」に用いられています。
『ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒』は,「釣藤散」から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の効能効果

体力中等度で,慢性に経過する頭痛,めまい,肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛,神経症,高血圧の傾向のあるもの

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の用法用量

次の量を,食前に水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包(1.875g):2回
7歳以上15歳未満:2/3包:2回
4歳以上7歳未満:1/2包:2回
2歳以上4歳未満:1/3包:2回
2歳未満:服用しないでください
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の成分分量

2包(3.75g)中
釣藤散エキス(1/2量) 2.25g (セッコウ2.5g,チョウトウコウ・チンピ・バクモンドウ・ハンゲ・ブクリョウ各1.5g,キクカ・ニンジン・ボウフウ各1g,カンゾウ・ショウキョウ各0.5g)
(添加物)
ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦または妊娠していると思われる人。
(3)胃腸虚弱で冷え症の人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒の保管上の注意

1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
2.小児の手の届かない所に保管してください。
3.1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
4.本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので,製品により多少顆粒の色調等が異なることがありますが効能・効果にはかわりありません。
5.使用期限を過ぎた製品は,服用しないでください。

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒に効果効能が似た薬

ツムラ漢方釣藤散エキス顆粒が気になる人向けのコラム

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

激しい頭痛は要注意! 危険な5つの頭痛|群発頭痛の原因と対処法

いてもたってもいられないような激しい痛み、今すぐストップしたい!
そんな群発頭痛の症状と対処法をご紹介します。 のたうちまわるような痛みに襲われる 群発頭痛とは、目のすぐ後ろにある血管の壁が炎症して起こる頭痛です。圧倒的に20~40代の... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

頭痛の原因はスマホ猫背からくる肩こりが原因? 肩こりの解消方法

慢性的な頭痛の原因のひとつに、肩こりがあります。頭痛に悩まされている人は、まず肩こりから解消していくと、頭痛の緩和に。その方法をご紹介します。 血行不良や老廃物の蓄積で頭痛に 不定愁訴のひとつでもる「頭痛」。主に慢性頭痛には、片頭痛、群... 続きを読む

肩こりが悪循環を招く4つの理由-ひどくなる前に解消するコツ

肩こりに悩む女性、あなたの周りにも多いのではないでしょうか。厚生労働省の調査(「平成16年 国民生活基礎調査」)によると、女性が訴える健康上の自覚症状で一番多いのが肩こり、男性に比べ2倍以上にもなります。男性も第2位が肩こりですから、日本... 続きを読む