トーショキンの効能・用量・副作用など

トーショキンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 桃核承気湯
形状 散剤
製造販売会社 大杉製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 桃核承気湯   

トーショキンの特徴

トーショキンは,桃核承気湯(とうかくじょうきとう)という漢方薬のエキスを飲みやすい顆粒剤にしたものです。本剤は,体格がよく,体力のある丈夫な体質で,のぼせて便秘しがちな人に適しています。血のめぐりをよくし,便秘を解消して,月経不順,月経痛,腰痛,高血圧の随伴症状(頭痛,めまい,肩こり),打撲症などに効果があります。

トーショキンの効能効果

体力中等度以上で,のぼせて便秘しがちなものの次の諸症:月経不順,月経困難症,月経痛,月経時や産後の精神不安,腰痛,便秘,高血圧の随伴症状(頭痛,めまい,肩こり),痔疾,打撲症

トーショキンの用法用量

次の量を食前または食間に,水またはお湯で服用してください。
(食間とは食後2?3時間を指します)
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1包:3回
15歳未満7歳以上:2/3包:3回
7歳未満4歳以上:1/2包:3回
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

トーショキンの成分分量

3包(4.5g)中
桃核承気湯エキス 2.4g (トウニン5g,ケイヒ4g,ボウショウ(硫酸ナトリウム)0.9g,カンゾウ1.5g,ダイオウ3g)
(添加物)
乳糖,トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム

トーショキンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1ヵ月位(便秘に服用する場合には5?6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
6.本剤の服用により,予期しない出血があらわれた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

トーショキンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)1包を分割して服用した残りは,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
●本剤は天然の生薬を原料として製造していますので、製品の色や味等に多少の差異が生じることがあります。効果には変わりありません。

トーショキンが気になる人向けのコラム

放置できない月経不順の恐ろしさと対策

月経不順の提議とは?
通常の月経は30日前後のサイクルで繰り返されています。しかし、月経は生活環境やストレス、体調などの変化を受けやすいのです。周期が一定の人でも、その時々で早くなったり遅くなったりすることもあります。これを月経不順と言... 続きを読む

生理前のイライラは、PMSのサイン-PMSの症状と対処法とは

生理が始まる3~10日前から、なんとなくイライラする、ゆううつな気分になる、腹痛や腰痛が起こる。でも、生理が始まると、ケロリと治ってしまう…こんな体験をした人はないですか?
これらの症状は月経前緊張症(PMS)と呼ばれます。
人によって... 続きを読む

生理不順は病気のサイン? 生理周期は長くても短くても安心できない

女性のみなさんは自分の月経が何日周期なのか、正確に言えますか?
毎月のことなのに、意外と正確なことを知らないのが月経に関すること。変だなと思っても、よほどのことでないと「病院へ行くのは面倒くさいし、人に聞くのも何だか……。」という人が多い... 続きを読む

月経周期に合わせたストレスマネージメント 生理前(PMS)に休養を!

「なんだか元気が出ない」「なんとなく体がだるい」、そんな悩みを抱えた現代の女性たちを元気にしたい!
そんな思いから「カウンセリングルーム心音(COTO)」を開設し、多くの女性の心と体の悩みに寄り添うカウンセリングを実践している臨床心理士... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは子宮と卵巣の病気の可能性が-早めの検診を

女性の場合、下腹部が痛むときは、大腸などの消化器の異常とは別に、子宮や卵巣などの異常も疑う必要があります。なかでも、子宮筋腫は婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、30~40歳代の3人に1人の割合でみられます。
子宮筋腫は、女性ホルモ... 続きを読む