JPS当帰飲子エキス錠Nの効能・用量・副作用など

JPS当帰飲子エキス錠Nの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 当帰飲子
形状 錠剤
製造販売会社 ジェーピーエス製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 当帰飲子   

JPS当帰飲子エキス錠Nの特徴

当帰飲子は比較的体力がなく、冷え症で、皮膚が乾燥した方の湿疹・皮膚炎、かゆみを改善します。血液の流れを良くし、皮膚を潤し、かゆみを鎮める働きがあります。
本剤は漢方処方である当帰飲子の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい錠剤としました。

JPS当帰飲子エキス錠Nの効能効果

体力中等度以下で、冷え症で、皮膚が乾燥するものの次の諸症:
湿疹・皮膚炎(分泌物の少ないもの)、かゆみ

JPS当帰飲子エキス錠Nの用法用量

次の量を食前又は食間に水またはお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):5錠:3回
7歳以上15歳未満:4錠:3回
5歳以上7歳未満:3錠:3回
5歳未満:服用しないこと
■食間とは…
食後2〜3時間を指します。
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

JPS当帰飲子エキス錠Nの成分分量

15錠中
当帰飲子乾燥エキス 2.85g
(トウキ2.5g、シャクヤク・センキュウ・シツリシ・ボウフウ各2g、ジオウ2g、ケイガイ・オウギ各0.75g、カシュウ1g、カンゾウ0.5g)
(添加物)
無水ケイ酸,ケイ酸アルミニウム,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),トウモロコシデンプン,ステアリン酸マグネシウム,乳糖水和物

JPS当帰飲子エキス錠Nの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
 (4)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師または薬剤師に相談してください
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:食欲不振、胃部不快感、下痢、腹痛
 (2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続または増強が見られた場合には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください
   下痢

JPS当帰飲子エキス錠Nの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。

JPS当帰飲子エキス錠Nが気になる人向けのコラム

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

初心者から始めるベランダ菜園のやり方-ハツカダイコンの育て方

新緑に春の花々が目を楽しませてくれるこの季節、家のベランダを見てなんとなくさみしい感じがしたら、ガーデニングに挑戦してみませんか?
それも、見て楽しむだけでなく食べておいしい、欲張りキッチンガーデンはいかがでしょう?
屋外で作業しても春... 続きを読む

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む