ウチダの当帰飲子の効能・用量・副作用など

ウチダの当帰飲子の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 当帰飲子
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 当帰飲子   

ウチダの当帰飲子の特徴

ウチダの当帰飲子は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎じ薬で,特異な芳香があります。

ウチダの当帰飲子の効能効果

冷え症のものの次の諸症:慢性湿疹(分泌物の少ないもの),かゆみ

ウチダの当帰飲子の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)に対し,水600mLを加え,あまり強くない火にかけ,300mLに煮つめてから,袋をとりだし,2?3回に分けて,食前1時間又は食間空腹時に温服する。
15歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ウチダの当帰飲子の成分分量

1袋中
トウキ 5g
ジオウ 4g
シャクヤク 3g
センキュウ 3g
ハマボウフウ 3g
シツリシ 3g
オウギ 1.5g
ケイガイ 1.5g
カンゾウ 1g
カシュウ 2g
(添加物)
無し

ウチダの当帰飲子の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感,腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの当帰飲子の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの当帰飲子が気になる人向けのコラム

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

病気と上手く付き合という考え方-慢性疾患の人の自己管理とは

病気には、大きく分けると2つの種類があります。1つは、風邪や捻挫(ねんざ)など比較的短期間に治るもので「急性疾患」と呼ばれます。もう1つは、糖尿病や高血圧をはじめとした生活習慣病や、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠原病など、完... 続きを読む

冷え性の原因は自律神経失調症にあるかも-万病の元、冷え性を治す

女性たちを悩ませる冷え症。冷え症とは、手や足、あるいは腰などに異常な冷感がある状態のこと。
西洋医学では、冷え症そのものは治療の対象になりませんが、だからといって、決してあなどらないでください。
体の冷え以外の症状がつらくて病院で診... 続きを読む

成人の4.4人に1人が慢性的な痛みを抱えている-上手く付き合う方法

梅雨どきになると腰痛や関節痛、肩こりがひどくなるという人は多いでしょう。慢性的な痛みをもつ人にとってはつらい季節です。
厚生労働省では、慢性的な痛み(慢性疼痛)の定義を、「一定期間(月単位)以上続く痛み、かつ痛みの存在が身体的、社会的に... 続きを読む