ウチダの順血温補湯(分包)の効能・用量・副作用など

ウチダの順血温補湯(分包)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 当帰四逆加呉茱萸生姜湯   

ウチダの順血温補湯(分包)の特徴

ウチダの順血温補湯(分包)は,漢方処方にしたがい生薬を配合し抽出して得た水製エキスを服用しやすい散剤(細粒)の分包にしたものです。

ウチダの順血温補湯(分包)の効能効果

手足の冷えを感じ,下肢が冷えると下肢又は下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:しもやけ,頭痛,下腹部痛,腰痛

ウチダの順血温補湯(分包)の用法用量

次の1回量を1日3回食前または食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):1包
15歳未満7歳以上:2/3包
7歳未満4歳以上:1/2包
4歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

ウチダの順血温補湯(分包)の成分分量

3包(6g)中
当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス 2.88g (トウキ・ケイヒ・シャクヤク・モクツウ各1.5g,サイシン・カンゾウ・ゴシュユ各1g,タイソウ2.5g,ショウキョウ0.5g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ウチダの順血温補湯(分包)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)高齢者。
(5)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(6)次の症状のある人。
むくみ
(7)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症,ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダの順血温補湯(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)小児で1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に服用すること。

ウチダの順血温補湯(分包)が気になる人向けのコラム

下腹ポッコリを解消!麦ごはんダイエット

麦ごはん
一見痩せているように見えるのに下腹だけポッコリと突き出ている、そんな現象に悩まされている人は多くいます。
そのような下腹ポッコリは体にたまった老廃物が原因です。
そんな時は、麦ごはんダイエットを行うことでスッキリスリムなウ... 続きを読む

女性の下腹部の痛みは注意が必要‐考えられる7つの原因と対処法

女性にとって、子宮がある下腹部の痛みは慎重に対処したいもの。下腹部に痛みがある場合に考えられる病気についてご紹介します。 腹痛の種類と痛みの強さに注目を 生理痛や排卵痛で下腹部の痛みを感じたことがある女性は多いもの。ただ、いつもの痛みと... 続きを読む

【下腹部が痛い】女性はまず婦人科へ-主な6つの病気とその症状

下腹部には大腸や小腸、膀胱、女性の場合は子宮、卵巣と、たくさんの臓器が詰まっています。下腹部の痛みを引き起こす病気は、婦人科系、消化器系、腎臓系、泌尿器科系などですが、たとえ同じ病気でも人によって、痛み方や痛む時間、痛む位置などがさまざ... 続きを読む

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

仕事の合間にできるリラックス体操-胸と腰の疲れに効くゆるゆる体操

前回に引き続き、「ゆる体操」によるリラックスの方法を紹介します。今回は、「胸フワ背フワ体操」と、「下腹フワ腰フワ体操」を紹介します。
うっとうしい梅雨時は、気持ちが滅入りがちですね。このような状態のとき、私たちの呼吸はいつもより浅くな... 続きを読む