立花振薬の効能・用量・副作用など

立花振薬の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 当帰芍薬散
形状 その他
製造販売会社 田尻製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

立花振薬の特徴

立花振薬は嘉永元年より婦人薬として使用され,現在に至る振薬です。近年になり,その効能効果の素晴らしさが改めて評価されるようになりました。男女を問わず,冷え性で貧血の傾向があり,何となく元気がなく疲労しやすい方,また,婦人病に特有の頭重,下腹部痛,耳鳴り,めまい等の不快な症状を改善します。

立花振薬の効能効果

比較的体力が乏しく冷え性で貧血の傾向があり疲労しやすく,時に下腹部痛,頭重,めまい,肩こり,耳鳴り,動悸などを訴える次の諸症:月経不順,月経異常,月経痛,更年期障害,産前・産後あるいは流産による傷害(貧血,疲労,倦怠,めまい,むくみ),めまい,頭重,肩こり,腰痛,足腰の冷え性,しもやけ,むくみ,しみ

立花振薬の用法用量

(1日分)に熱湯180mLを注ぎ,振り出すこと2回,3回目は360mLの熱湯を注ぎ,半量くらいに煎じて服用してください。
(用法関連注意)

立花振薬の成分分量

1包中
トウキ 3g
センキュウ 3g
シャクヤク 4g
ブクリョウ 4g
ビャクジュツ 4g
タクシャ 4g
(添加物)

立花振薬の使用上の注意と副作用

その他の注意
1.次の方は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
(1)胃の弱い方。
(2)今までに薬による発疹,発赤,かゆみ等をおこしたことのある方。
(3)現在医師の治療を受けている方。
2.服用に際しては,定められた用法・用量を厳守してください。
3.1ヶ月間ほど服用しても症状の改善がみられない場合は,服用を中止し,医師または薬剤師に相談してください。

立花振薬の保管上の注意

(1)小児の手の届かないところに保管してください。
(2)直射日光を避け,湿気が少なく涼しいところに保管してください。
(3)誤用を避け,品質を保持するためにも,他の容器に入れ替えないでください。

立花振薬に効果効能が似た薬

立花振薬が気になる人向けのコラム

冷え性解消に最適!お風呂でできる「ホットヨガ」体が硬くても大丈夫

お風呂場はホットヨガスタジオの環境に近い ヨガにトライしたいけど、ウェアをそろえたり、スタジオに通ったりするのが面倒と思っていませんか?
それが、自宅のお風呂場でホットヨガができるんです。 ヨガスタジオ「ナチュラルブレス」代表
房前光... 続きを読む

末端冷え性の改善方法とは? 足先が冷える原因と改善のポイント

末端まで血流を流してポカポカにするには? 末端にある足先は、最も冷えやすい箇所。血流を促し、自力で温まることができるようになる方法をご紹介します。 末端にあたる足先は、血液の巡りが一番後回しになる箇所 体温と血流は、深い関わりがありま... 続きを読む

冷え性に効く! 体を温める食べ物‐不妊症や妊活中の人におすすめな理由

体は毎日の食事から作られます。そのため、食べもので不妊を改善していくことも可能。積極的に摂りたい食材をご紹介します。 陽性の食材を摂り、体を中から温める 栄養素をバランス良く取り、体の調子を整えるのが不妊改善の近道。不妊症で悩む人のほ... 続きを読む

冷え症を解決するには筋トレが一番? 筋トレとストレッチで血流UP

冬が近づき寒くなり始めると、あちらこちらで聞かれる「冷え性」の話題。男性に比べて、圧倒的に女性のほうが冷え性の悩みを抱えている傾向にありますが、それは筋肉量と脂肪量が関わっています。
筋肉量が高いと基礎代謝がアップし体温も上がります。... 続きを読む

冬につらい冷え性が意外なもので解決する? 30秒で血行改善

毎日を健康に過ごすためには血液の循環がよく、体のすみずみまで血液が行きわたっている必要があります。心臓から送り出された血液は体の細胞に酸素と栄養を供給し、老廃物と二酸化炭素を回収して排出します。
そのため血液循環が悪いと体のすみずみまで... 続きを読む