人参湯(顆粒)の効能・用量・副作用など

人参湯(顆粒)の基本情報

人参湯(顆粒)

人参湯(顆粒)

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 人参湯(理中丸)
形状 散剤
製造販売会社 東洋漢方製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

人参湯(顆粒)の特徴

本剤は、漢方の古典「傷寒論」「金匱要略」に収載されている人参湯に準拠して製造されたエキス顆粒剤です。

人参湯(顆粒)の効能効果

手足などが冷えやすく、尿量が多いものの次の諸症:胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛。

人参湯(顆粒)の用法用量

次の量を食前又は空腹時に水又は白湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
15才未満7才以上:2/3包:3回
7才未満4才以上:1/2包:3回
4才未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。

人参湯(顆粒)の成分分量

3包(4.2g)中
水製乾燥エキス 1.2g (ニンジン・カンゾウ・ビャクジュツ・カンキョウ各1.5g)
ニンジン 0.75g
カンゾウ末 0.75g
ビャクジュツ末 0.75g
カンキョウ 0.75g
(添加物)
なし

人参湯(顆粒)の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。
むくみ
(6)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状が現れた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1カ月位(下痢・嘔吐に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

人参湯(顆粒)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手のとどかない所に保管すること。
(3)他の容器に入れかえないこと。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り曲げて保管し、2日以内に使用すること。
(5)本剤は生薬を原料としたエキスを用いた製品ですから、製品より色調や味が多少異なることがありますが、効果には変わりありません。

人参湯(顆粒)が気になる人向けのコラム

いつも手足が冷たい…【女性の冷え】には病気が隠れているかも?

男性より女性の方が冷えるのはなぜ? 冷えに悩む女性は多いもの。いつも体が冷えている気がする、朝起きたときに手足がこわばる、足の先が冷えるなど……。しかし、なぜ女性の方が冷えやすいのでしょうか。 日常のあらゆる行動をするとき、人は筋肉... 続きを読む

次の食事から始められる胃袋ダイエット

胃袋
何度ダイエットに挑戦して良い結果が得られなかった方に、トライしてもらいたいのが胃袋ダイエットです。どうしてダイエットに成功しないかというと、食べすぎで胃が伸びやすくなっているからです。しかし、減食トレーニングで大きくなった胃袋を縮... 続きを読む

線虫がたった1滴の尿で早期がんを発見する! しかも費用は数百円?

2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなる時代。「がん」は日本人の死因第一位ですが、がんの死亡を防ぐには早期発見・早期治療がもっとも有効だといわれています。そこで、九州大学の研究グループは「がん患者の尿の匂いに線虫が反応する」... 続きを読む

安倍首相もなった機能性胃腸症とは-症状や治療法、生活習慣など

安倍元首相の突然の辞任表明に引き続き、「機能性胃腸症で緊急入院」のニュースが流れたのは先月のこと。このときはじめて「機能性胃腸症」という病名を知った人、多かったのではないでしょうか?
機能性胃腸症は一言でいうと「検査をしても異常がないの... 続きを読む

尿漏れ女性は30代で5人に1人!? 人に言えない悩みもエクササイズで解決

尿漏れは、高齢者の症状だと思っていませんか?実は30代以下の若い人でも、くしゃみや咳をしたとき、急に尿意をもよおしたときなどに、尿漏れが起こることがあります。 特に若い人には恥ずかしく、悩んでしまいがちな尿漏れですが、多くの場合はエク... 続きを読む