白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの効能・用量・副作用など

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 白虎加桂枝湯
形状 散剤
製造販売会社 カーヤ
販売会社 一元製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの効能効果

体力中等度以上で,熱感,口渇,のぼせがあるものの次の諸症:のどの渇き,ほてり,湿疹・皮膚炎,皮膚のかゆみ

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの用法用量

食前又は食間に服用する。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):3.0g:3回
小児 15歳未満7歳以上:2.0g(約2/3匙):3回
7歳未満4歳以上:1.5g(約1/2匙):3回
4歳未満2歳以上:1.0g(約1/3匙):3回
2歳未満:0.75g(約1/4匙)以下:3回
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,やむを得ない場合にのみ服用させること。

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの成分分量

9g中
白虎加桂枝湯水製乾燥エキス 4.8g (セッコウ15g,コウベイ8g,チモ5g,ケイヒ4g,カンゾウ2g)
(添加物)
乳糖,ステアリン酸マグネシウム

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸虚弱で冷え症の人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMに効果効能が似た薬

白虎加桂枝湯エキス顆粒KMが気になる人向けのコラム

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む

歯茎のマッサージが簡単で効果大! 歯周病・口の乾燥やネバネバに効く?

美しい笑顔のカギは、歯以上に歯茎が重要なのをご存知ですか? 歯茎の血行を促すマッサージで、歯の健康と美しさを維持して笑顔美人になりましょう。 歯茎の血流の悪さが歯周病をまねく 笑顔の美しい人は、歯がきれいです。歯がきれいであるためには... 続きを読む

絶対冷え性を治したい! 冷えを改善する4つの生活ポイント

厳しい寒さが続くなか、体が冷えてつらい思いをしている方も多いのではないでしょうか?
冷え症は圧倒的に女性に多く、女性の2人に1人は冷え症という調査結果もあるほど。それほど女性に多い冷え症ですが、問題なのは、寒い、手足が冷たいといった体の冷... 続きを読む

フランス女性の美の秘密は「Oui(ウィ)」の口にあり? 口角を上げる顔トレ

年齢を重ねるほど女っぷりを上げるといわれるフランス女性。「10着しか服を持たない」ライフスタイルが日本人女性の憧れを集めていますが、美容においても見習いたいポイントがあるんです。 表情がとぼしい日本人女性は顔筋が衰えやすい 教えてく... 続きを読む

屋内でも要注意!熱中症の予防の仕方-症状別困ったときの処置法

熱中症の季節です。熱中症は熱にあたっておこる症状の総称で、日射病や熱射病などという呼び方から統一的に熱中症と言われるようになりました。真夏になると、フェーン現象やヒートアイランド現象などにより、体温に匹敵するほどの高い気温に見舞われる日が... 続きを読む