ビナSLMの効能・用量・副作用など

ビナSLMの基本情報

ビナSLM

ビナSLM

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 防風通聖散
形状 散剤
製造販売会社 東洋漢方製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 防風通聖散   

ビナSLMの特徴

“ビナSLM””は漢方の古典「宣明論」をもとにした処方で,腹部に皮下脂肪が多く便秘がちな方に適し,排便や排尿,発汗を促して体内の脂肪と水分をとる作用があるため,肥満症,むくみ,高血圧の随伴症状(どうき,肩こり,のぼせ),便秘に効果があります。

ビナSLMの効能効果

腹部に皮下脂肪が多く,便秘がちなものの次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸,肩こり,のぼせ),肥満症,むくみ,便秘

ビナSLMの用法用量

次の量を食前又は食間に水又は白湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):1包:3回
15才未満:服用しないこと
(用法関連注意)

ビナSLMの成分分量

3包(6g)中
水製乾燥エキス 3g (トウキ・センキュウ・レンギョウ・ショウキョウ・ボウフウ・シャクヤク・サンシシ・ハッカ・ケイガイ・マオウ各0.6g,ダイオウ・ボウショウ(硫酸ナトリウム)各0.75g,ビャクジュツ・オウゴン・セッコウ・キキョウ・カンゾウ各1g,カッセキ1.5g)
(添加物)
乳糖,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム,部分アルファー化デンプン,ステアリン酸マグネシウム

ビナSLMの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用がおこりやすくなる)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないこと
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。:むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。:高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
精神神経系:めまい
消化器:吐き気・嘔吐,食欲不振,胃部不快感,腹部膨満,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
その他:発汗,動悸,むくみ,頭痛
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
偽アルドステロン症:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
ミオパチー:手足のだるさ,しびれ,つっぱり感やこわばりに加えて,脱力感,筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢,便秘
4.1ヵ月位(便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
5.長期連用する場合には,医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ビナSLMの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)誤用をさけ,品質を保持るるため,他の容器に入れ替えないこと。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に使用すること。
(5)本剤は生薬を原料としたエキスを用いた製品ですから,製品により色調や味が多少異なることがありますが,効果には変わりありません。

ビナSLMが気になる人向けのコラム

誰でも簡単!リンパマッサージでむくみ解消

「リンパ」っていったい何?
「リンパマッサージ」という言葉はよく聞きますが、そもそも「リンパ」とはいったい何なのでしょうか?


ヒトの体の中には血管のほかにもリンパ管が全身に広がっています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織... 続きを読む

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

皮下脂肪、内臓脂肪に続く「第3の脂肪」が怖い4つの理由

東アジアと南アジアの約112万人を対象とするコホート研究のデータ解析を基に、BMIと心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)による死亡リスクの関連が検討されました。その結果、東アジア人(日本、韓国、中国、台湾、シンガポール)では、BMI*が25以上... 続きを読む

むくみを改善する塩抜きダイエット

塩抜き
塩抜きダイエットをご存知でしょうか。
塩抜きダイエットとは、食事から塩を抜くことで体内の浄化を促すダイエット法です。
普段から食べ過ぎで塩分を取り過ぎていると、体内はむくみを溜め込みやすい状態になっています。
この状態では... 続きを読む

寝起き顔に自信がつく、むくみ解消のポイント

むくみが出る原因

カリウムが不足したり、リンパ液の流れが悪くなると、血管内から血管外へと水分が移動し、むくみがおこります。寝る前の飲酒、睡眠不足、塩分の取りすぎ、野菜不足、運動不足などがむくみをひどくする原因です。
むくみ - g... 続きを読む