ウチダの麻黄湯の効能・用量・副作用など

ウチダの麻黄湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 麻黄湯
形状 その他
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 麻黄湯   

ウチダの麻黄湯の特徴

ウチダの麻黄湯は漢方処方にしたがって,生薬を配合した煎剤で,特異な芳香があります。

ウチダの麻黄湯の効能効果

頭痛,発熱,悪寒し汗は出ず身体疼痛,関節痛があるもの,あるいはせきや鼻血などを伴うもの:感冒,気管支ぜんそく,関節リウマチ,乳児鼻づまり

ウチダの麻黄湯の用法用量

[年齢:1日量]
大人(15歳以上):1袋(1日分)につき水600mL(約3合3勺)を加えあまり強くない火にかけ300mL(約1合7勺)に煮つめ袋をとり出し2?3回に分けて食前1時間または食間空腹時に温服する。
(用法関連注意)
1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダの麻黄湯の成分分量

1袋中
マオウ 5g
キョウニン 5g
ケイヒ 4g
カンゾウ 1.5g
(添加物)
無し

ウチダの麻黄湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
(1)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(2)生後3ヵ月未満の乳児。
2.短期間の服用にとどめ,連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)発汗傾向の著しい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:悪心,食欲不振,胃部不快感
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
その他:発汗過多,全身脱力感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)5?6回服用しても症状がよくならない場合

ウチダの麻黄湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ウチダの麻黄湯が気になる人向けのコラム

痩せやすい身体を作る黒ニンニクダイエット

黒ニンニク
ただ体重を落とすよりもどうせなら健康的に痩せたいと思う方は多いでしょう。その場合は、食事を減らすよりも代謝を高める食品を積極的に摂ることが効果的です。黒ニンニクダイエットは、まさに身体を燃焼させてくれる黒ニンニクを食事に取り... 続きを読む

健康的で美しい身体を作るピラティス

ピラティス
ピラティスはヨガの影響を受けて作られたエクササイズです。
そのため、ヨガに似たポーズや運動もありますが、ヨガは「ストレッチなどによって精神や体調を整える治療行為」という面が強いのに対し、ピラティスは「身体のゆがみを修正し、... 続きを読む

温野菜で身体を冷やさずダイエット!

温野菜
ダイエットに取り組む上で必要不可欠とも言える代表的な食材が、野菜です。

野菜は様々なビタミンやミネラルなどの栄養素を多く含んでいる事から、健康的に痩せる為に欠かせない食品の一つです。

しかし、ダイエットだからと言って... 続きを読む

鼻血の止め方-よく鼻血が出る原因|まれに重大な病気の可能性も

誰でも一度は鼻血を経験したことがあるでしょう。しかし、頻繁に出血したりなかなか血が止まらない場合は心配なものです。何か病気が原因で鼻血が出ることもあるので、どういうときにどれくらいの量が出るのか、出血が止まりにくいかどうかなどについて、チ... 続きを読む

金魚運動で身体引き締めダイエット!

金魚運動
ダイエットと聞くと、多くの人が連想する事がまず脂肪や炭水化物を控える食事制限、そしてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動ですよね。

しかしこれらの有酸素運動は強い意志を持っていないと中々続けられるものではありません。... 続きを読む