トチモトのよく苡仁湯の効能・用量・副作用など

トチモトのよく苡仁湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 よく苡仁湯
形状 その他
製造販売会社 栃本天海堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

トチモトのよく苡仁湯の効能効果

関節痛,筋肉痛

トチモトのよく苡仁湯の用法用量

大人(15歳以上):本品1日1包を紙袋入りのまま,水約500mLを加え,弱火で半量ぐらいまで煮つめた後,紙袋とともに煎じかすを除き,煎液を3回に分けて食前又は食間に服用して下さい。
15歳未満7歳以上:大人の2/3
7歳未満4歳以上:大人の1/2
4歳未満2歳以上:大人の1/3
2歳未満:大人の1/4以下を服用する。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。
(3)1歳未満の乳児には,止むを得ない場合の他は,服用させないで下さい。
(4)煎じ液は,必ず熱いうちにかすをこして下さい。
(5)本剤は,必ず1日分ずつ煎じ,数日分まとめて煎じないで下さい。

トチモトのよく苡仁湯の成分分量

1包(28.0g)中
カンゾウ 2.0g
ケイヒ 3.0g
シャクヤク 3.0g
ソウジュツ 4.0g
トウキ 4.0g
マオウ 4.0g
ヨクイニン 8.0g
(添加物)
なし

トチモトのよく苡仁湯の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなるため)
次の人は服用しないで下さい。
生後3ヵ月未満の乳児
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ,排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談下さい。
(1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
消化器:悪心・嘔吐,食欲不振,胃部不快感
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症:尿量が減少する,顔や手足がむくむ,まぶたが重くなる,手がこわばる,血圧が高くなる,頭痛等があらわれる。
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
3.長期連用する場合には,医師又は薬剤師にご相談下さい。

トチモトのよく苡仁湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わるため)
(4)煎じ液は腐敗しやすいので,冷暗所又は冷蔵庫等に保管し,服用時に再加熱して服用して下さい。
(5)生薬を原料として製造しているので,製品の色や味等に多少の差異を生じることがあります。
(6)本品には防虫・防カビのために脱酸素剤を封入しておりますが,これを本品と一緒に煎じたり,食べたりしないようご注意下さい。

トチモトのよく苡仁湯が気になる人向けのコラム

関節リウマチの初期症状に注意! 早めの治療が大切な理由

人間の骨格は関節でつながっています。その数は全部で68個。脊椎(せきつい)のようにあまり動かない関節もありますが、膝(ひざ)関節や手足のように大きく動かせる関節が、私たちの体の自由な動きを支えています。この関節に原因不明の炎症がおこり、痛... 続きを読む

関節リウマチ患者、女性は男性の4倍-専門医の早期診断が決め手

日本での関節リウマチの患者数は、70~100万人と推定され、30~50歳代で最も多く発症しています。10歳代や20歳代での発症もあります。女性に多く、男性の約4倍とみられています。
関節リウマチの原因は、まだ明らかではありませんが、自... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

関節リウマチの新しい治療とは-新薬の効果が精神的にも影響する?

私たちの体には、侵入してきた細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫のしくみが備わっています。関節リウマチはこの免疫システムの異常によって、外敵ではなく自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう病気です。ターゲットは手の指をはじめとする全身の関節... 続きを読む

スポーツ選手のイメージトレーニングを実践! 6つの注目ポイント

「ゴルフやテニスなどのスポーツで、腕を上げたいときによく行われるのが、「イメージトレーニング」。これは、プロ選手のプレー風景を見て、フォームなどを学ぶことを指しています。
このとき、漠然と見るのではなくて、これからお話しする6つのポイ... 続きを読む