強六君利気散の効能・用量・副作用など

強六君利気散の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
形状 散剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

強六君利気散の効能効果

胃アトニー、胃下垂、慢性胃腸カタル、食欲不振、胃腸性神経衰弱、胃潰瘍

強六君利気散の用法用量

次の量を食前又は食間に、コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
注)「食間」とは食後2?3時間を指します。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
12歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
7歳以上12歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
4歳以上7歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
4歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

強六君利気散の成分分量

4.5g又は3包中
エキス 1.839mL(固形物0.061g) (ビャクジュツ0.404g・ブクリョウ0.404g)
エキス 1.370mL(固形物0.161g) (タイソウ0.404g・チンピ0.404g・ハンゲ0.807g)
カンゾウ末 0.404g
ショウキョウ末 0.242g
ビャクジュツ末 1.614g
ブクリョウ末 1.614g
ニンジン末 0.404g
(添加物)
なし

強六君利気散の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

強六君利気散の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用すること。

強六君利気散に効果効能が似た薬

強六君利気散が気になる人向けのコラム

胃潰瘍の原因がピロリ菌-胃潰瘍を予防・改善する5つの生活習慣

日本人の胃潰瘍(かいよう)の最大の原因は、ピロリ菌感染です。ピロリ菌に感染すると、それだけで胃の粘膜が赤く充血してきます(表層性胃炎)。この状態が長く続くと、胃の粘膜が萎縮し(萎縮性胃炎)、喫煙や過度なストレス、強いアルコール・大量飲酒、... 続きを読む

慢性的な頭痛だと諦めていませんか?【イケメン脳神経外科医が語る健美ライフのすすめ】

心臓と同じリズムでこめかみがズキンズキンしたり、頭をギューッと締め付けられるように痛んだり、不意の頭痛には思わず眉根に力が入ってしまいます。軽度の頭痛なら市販薬で一時的にしのぐこともできますが、出来ればそもそも頭痛が起こらないようにした... 続きを読む

胃腸をストレスから守る-スローテンポの音楽が自律神経を整える

「胃が痛くなる」とか「断腸の思い」といった言葉もあるように、昔から、ストレスは胃腸の調子を左右すると考えられてきました。それを裏づけるように、テスト前に胃がキリキリ痛んだり、仕事の納期が近づくとおなかの調子が悪くなったり食欲が低下するとい... 続きを読む

年末年始の食べすぎ飲みすぎをチェック-賢いお酒の飲み方は?

忘年会や新年会のシーズン到来!でも「いざ、出陣!」といく前に、以下のチェックシートにチャレンジを。ちなみにこのチェックシートは、普段胃腸に負担をかけるような食べ方・飲み方をしていないかどうかを確認するためのものです。普段から胃腸にムチ打つ... 続きを読む

胃の痛みや不快感は機能性ディスペプシアかも? どんな症状?

胃もたれやみぞおちの痛みなどのつらい症状を繰り返すのに、内視鏡検査や腹部超音波検査を行っても胃の異常が見つからない――こんなときは、「機能性ディスペプシア」という病気を疑ったほうがいいかもしれません。かつては「慢性胃炎」や「神経性胃炎」、... 続きを読む