苓桂朮甘湯の効能・用量・副作用など

苓桂朮甘湯の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 苓桂朮甘湯
形状 その他
製造販売会社 東洋漢方製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 先発薬: 苓桂朮甘湯   

苓桂朮甘湯の特徴

本剤は、漢方の古典「傷寒論」「金匱要略」に収載されている苓桂朮甘湯に準拠して製造された煎薬用の紙パック剤です。

苓桂朮甘湯の効能効果

めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少するものに用いる。
神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛。

苓桂朮甘湯の用法用量

大人(15才以上)は1包(1日量)につき水400mLを加えあまり強くない火にかけ200mLに煮つめ、紙袋とともに煎じかすを取り去り、食前1時間前又は食間空腹時に温服して下さい。小人(15才未満)は同様に煎じて触感空腹時に温服してください。
[年齢:1包(1日量)煎じ液:1日服用回数]
大人(15才以上):全量:3?2回に分けて
15才未満7才以上:2/3量:3回に分けて
7才未満4才以上:1/2量:3回に分けて
4才未満2才以上:1/3量:3回に分けて
2才未満:1/4量以下:3回に分けて
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合のみ服用させること。
(3)用法・用量を厳守すること。

苓桂朮甘湯の成分分量

1包(15g)中
ブクリョウ 6g
ケイヒ 4g
ビャクジュツ 3g
カンゾウ 2g
(添加物)
なし

苓桂朮甘湯の使用上の注意と副作用

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる。
次の人は服用しないこと
生後3カ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(5)次の症状のある人。:むくみ
(6)次の診断を受けた人。:高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
[症状の名称:症状]
偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1カ月位服用しても症状がよくならない場合には服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合は、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

苓桂朮甘湯の保管上の注意

(1)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手のとどかない所に保管すること。
(3)他の容器に入れかえないこと。
(4)煎じ薬は腐敗しやすいので、冷暗所又は冷蔵庫等に保管し、服用時に再加熱して服用すること。

苓桂朮甘湯が気になる人向けのコラム

動悸や息切れで分かる不整脈の危険性

不整脈とは

正常な脈は、眠ったり休息しているときにはゆっくりうち、運動したり精神的興奮や発熱があると速くうちます。何の誘因もないのに、脈がゆっくりうったり、速くうったり、不規則にうったりするのが、不整脈です。
脈拍(みゃくはく)が... 続きを読む

立ちくらみと貧血は別物 疲れやすさや動悸・息切れは貧血かも

立ちくらみは俗に脳貧血といわれるが、貧血とは別のもの。 「貧血」は血液中の赤血球が少なくなる病気。一過性の血圧低下による「脳貧血」との違いについて解説します。 立ちくらみは、血圧の一時的な低下による脳の血流不足 急に立ち上がった時、... 続きを読む

知っておきたい40代からのめまい【更年期】

誰にでもやってくる更年期と体の変化
加齢による体の変化は誰にでもやってきます。だからこそ、正しい認識のもとに、少しでも楽に、そして生き生きとした生活を送りたいものですね。


更年期とは、月経がなくなる閉経をはさんだ約10年間をい... 続きを読む

悪性のめまいを見分ける方法とその予防法

脳の血行不良からめまいが起こる
耳石器や三半規管が原因の耳からくるめまいでなく、脳の血流が悪くなり血管がつまり、めまいを起こします。耳は脳幹や小脳から情報を受け取る命令を出しています。脳に影響が出て耳が情報を受け取るバランスが保てなくな... 続きを読む

秋はお肌の安定期-美容成分チャージと顔面ストレッチで美肌になる

食欲の秋ですね~。旬のお魚も野菜もお米もすべてに勢いがあって、それをエネルギーごといただく、という感じがします。それ以外にも、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋。体を動かしたり、知識を深めたり、感性を磨いたり。自分を磨く、実りの秋、収穫の秋... 続きを読む