「モリ」シンニョウ錠の効能・用量・副作用など

「モリ」シンニョウ錠の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の漢方製剤
形状 錠剤
製造販売会社 大杉製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

「モリ」シンニョウ錠の特徴

「モリ」シンニョウ錠は,当帰,木通など成分欄記載の14種類の生薬で構成される和漢薬の,のみやすいエキス糖衣錠です。本剤の服用で,尿が出にくい,むくみ,下腹部の痛みなど不快な症状が改善され,膀胱カタルなど効能欄記載の腎・膀胱・泌尿器系の病気に効きめがあります。

「モリ」シンニョウ錠の効能効果

膀胱カタル,尿道炎,腎臓病,ネフローゼ,水腫

「モリ」シンニョウ錠の用法用量

次の量を朝夕空腹時に,水またはお湯で服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(16歳以上):3?6錠:2回
15歳以下8歳以上:2?3錠:2回
(用法関連注意)
小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。

「モリ」シンニョウ錠の成分分量

6錠(2.4g)中
水製乾燥エキス 1.2g (ジオウ・トウキ・モクツウ各2.5g,オウゴン・シャゼンシ・タクシャ各1.5g,カンゾウ・サンシシ・リュウタン各0.75g,ケイヒ・ショウキョウ・ダイオウ・マオウ・レンギョウ各0.1g)
(添加物)
白糖,タルク,アラビアゴム,酸化チタン,ステアリン酸マグネシウム,ポリビニルアセタールジエチルアミノアセテート,カルナウバロウ

「モリ」シンニョウ錠の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は,次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く,下痢しやすい人。
(4)発汗傾向の著しい人。
(5)高齢者。
(6)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
(7)次の症状のある人。
排尿困難
(8)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感,食欲不振,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強がみられた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

「モリ」シンニョウ錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります)

「モリ」シンニョウ錠に効果効能が似た薬

「モリ」シンニョウ錠が気になる人向けのコラム

腎臓のはたらきとは? 腎臓病になりやすい人の6つの特徴

ものごとの重要なポイントを表すのに「肝腎」という言葉が使われます。腎とは文字通り腎臓のこと。肝臓と並んで人の命を左右する重要な臓器です。
腎臓の位置は腰より少し上の背中側で、左右1つずつあり、大きさはその人の握りこぶしより少し大きいくら... 続きを読む

膀胱のはたらき-どれぐらいの尿を蓄えているの? 女性に多い膀胱炎

膀胱(ぼうこう)は尿をためておく“袋”です。恥骨(ちこつ)の後ろに位置し、その後ろ側は男性では直腸、女性では子宮と腟(ちつ)に接しています。袋の中の一番内側は粘膜層で、それを平滑筋(へいかつきん)という筋肉の層が覆っています。
腎臓で... 続きを読む

人工透析が必要になる病気とは?-5つの腎機能低下リスク

日本では人工透析(透析療法)を受ける人が増え続けています。1990年には約10万人だったのが、2000年には約20万人になり、現在は30万人にものぼります(日本透析医学会調べ)。そのため最近は、人工透析を専門に行う病院をよく見かけるように... 続きを読む

尿路結石は若い女性にもできる!? 予防になる食事と生活習慣

尿は腎臓で作られ、尿管を通って膀胱(ぼうこう)に運ばれます。そして一定量の尿が膀胱にためられ、膀胱から尿道を通って排出されます。この腎臓、尿管、膀胱、尿道など、尿の通り道を尿路といい、尿路のどこかに石ができる病気が尿路結石です。症状は激痛... 続きを読む

高熱、腰痛、過労ぎみ…もしかすると腎盂腎炎かも?女性に多い病気

高熱や腰痛は、かぜのひき始めによくみられる症状です。それだけに、「かぜをひいたのかしら?」と思う方が少なくないでしょう。こうした症状が、疲れがたまっているときに起こった場合は、細菌感染症の一つ、急性腎盂(じんう)腎炎の疑いがあります。特に... 続きを読む